S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
タグ
(55)
(28)
(22)
(22)
(16)
(16)
(15)
(13)
(10)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
more...
検索
お友達の輪
最新のトラックバック
奥尻島で突風
from 奥尻島で突風、2棟全壊
花言葉事典メルマガ:第2..
from 花言葉事典
コダックのデジカメ
from 僕の欲しい本 欲しいもの
【福寿草】
from イチゴ☆イチエ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2010/2/6~7 蓼科散歩 (スキー&スノーシュー)
蓼科山7合目登山口、蓼科神社一の鳥居(1,905m)。
e0050472_161519.jpg

ひょんな事から、会社のSさんの別荘をベースに、蓼科でスキー三昧と言う嬉しい話が纏まった。
金曜日、会社から帰宅し、大急ぎで荷物を積み込んで21時過ぎに家を出た。今回、連れはお留守番である。
東名阪、伊勢湾岸、東海環状、中央道と辿り、Sさん邸に1時過ぎに無事到着した。
来る途中、伊勢湾岸では強風に、東海環状の多治見辺りから雪による渋滞に会った割には早く着いた。

今回、取り合えずスキーとしていたが、折角此処まで来たので、スノーシューを楽しまない手は無い(其の為に、連れのスノーシューも借りてきたもんね)。
土曜日、スキーはサクッと日券をペイする程度に滑り、翌日曜日、渋るS氏を無理やり付き合わせ、ゲレンデトップから御泉水自然園をウォーキング。
土曜の午後からは天気も回復し、日曜日にゃ、「今シーズン最高!!」とも言える快晴に恵まれ、楽しく雪三昧を満喫した。
残念なのは、あわよくば蓼科山ピストンと思っていたのが、思った以上に雪が深いのと、時間が無かった為に果たせなかった事だが、此れは望みすぎか?。
又の機会にチャレンジだ!! (* ̄0 ̄)/オゥッ!!。

Sさん、奥様 有難うございました。取分け奥様にはお世話をお掛けしました。
Sさん 又 遊んでくださいね!!(小声)。
e0050472_149829.gif
土曜日の朝、期待とは裏腹に曇り空が広がっている。
天気予報では、午後から回復するとの事なので、早速、Sさんお勧めの蓼科国際スキー場へ繰り出した。
スキー場に着くと、以外にも(失礼 ぺこ <(_ _)>)人出が多い。
規模が小さいので比較にはなら無いが、八方より込んでる様に思えた。

[蓼科国際スキー場]
ゲレンデは瘤も無く綺麗に圧雪され、傾斜も緩いので快調に滑れる。
チョット上達したような気分に浸れる。もしゃ この程度の斜面がベストか?。
e0050472_9421293.jpg
[幸せの鐘]
ゴンドラリフト頂上に幸せの鐘を設置しました。蓼科山をバックに幸せの鐘をならしましょう(蓼科国際スキー場HPより)。
一応鳴らしてみる…が、何だかなぁ~? (;¬_¬) 。アラカンじゃ絵にもなりませんな。
e0050472_9565187.jpg
[ゲレンデとS氏]
颯爽とゆっくり滑るS氏。ワタシャ堪え切れんで、お先に失礼…。
しかし、すべすべのお肌…じゃなかったゲレンデですなぁ~。
めちゃ 滑りやすい!!(*`∇´*)v ヴイッ。
e0050472_957961.jpg
午後から風で雲が飛び、青空が広がり出したが、強風のためゴンドラが運転休止。何てこった (^_^メ) ピクピク。
まっ 年寄りにはこの程度が身の為さっ (*'へ'*) フン!。
スキー場から蓼科山が…ウゥー!、登りたい~(>_<)。
e0050472_957384.jpg

日曜日、朝からドピカーン!!。絶好の雪遊び日和だ。
今日は、スキーじゃなくてスノーシューで散策である。
S氏は初体験との事で、余り乗り気では無かったが、甘言をもって釣り出した(この辺、日頃の訓練の賜物である (^_^)v)。
ゴンドラに乗って頂上駅迄上がるが、乗り場で、「登山じゃありませんよね」と念を押された(多分、登山と応えると登山届けが必要なようだ)。
e0050472_9581087.jpg
ゴンドラ頂上駅を降りた所に、蓼科山登山道の標識があったので、其れに従って歩き出す。
既にトレースが着いていたのでそこそこ歩き易いが、所々で雪を踏み抜き膝上まで潜ってしまう。
結構な積雪があるが、初心者のS氏は黙々と登って行く。
後姿はかなりの熟練者にも見えるが、あまり張り切ると、持ちませんよぉ~。
e0050472_9583812.jpg

樹林帯をワシワシと登って行き、林道を2箇所ほど横切ると、チョットした雪原に飛び出す。
此処が7合目の駐車場との事、木々の向こうには青空と、雪を被った峯々が…。
e0050472_1044113.jpg
駐車場から50m程で蓼科山7合目登山口となる蓼科神社一の鳥居前にでる。
横には未だ新しそうな東屋とトイレが立てられている。
林道には先行者のスキー跡はあるが、辺りに人影は無い。
当に春爛漫、ベンチに坐って暫しマッタ~リ。
堪りませんなぁ ヾ( `Ω´)ノ フッ。

鳥居を越えて踏み跡が一筋ついている。今日は絶好の雪山歩きだろうなぁ~ ( ̄¬ ̄) じゅるっ。
e0050472_14421590.jpg
ベンチに座っていても、全く寒さは感じず、ポカポカ、ボケ~ッ……
(^。^)y-.。o○ フゥー!。

何時までもこうして居たいが、今日は帰宅しなければならないので、止む無く腰を上げ、林道をブラブラ、途中から林道のショートカットを織り交ぜながら管理センターに降りて行く。
林道から前方を見ると、かなり高度感がある山並みが垣間見えた。
e0050472_9592398.jpg
管理センター前では、ゴンドラから降りてきたスキーヤーをスノーモビルで初心者コースに運んでいた(林道が初心者コース)。ムムムゥ~ ちょっと羨ましかったりする。
e0050472_103320.jpg
湿地帯に掛かる木道越しに蓼科山。中々絵になりますなぁ~。
えっ 「人物が邪魔!」って。。(*゚ε゚`*) フンッoィィモンo。
e0050472_10205114.jpg
下山すると雲が一片もない青空、正真正銘 ドピカーン!!だっ。
e0050472_10211719.jpg
左から硫黄岳、横岳、赤岳、阿弥陀岳、権現岳がズラーっと!!
e0050472_1021331.jpg
左から蓼科山、横岳、枯縞山、茶臼山、丸山、中山 (゜ロ゜) ヒョオォォ!
e0050472_10352276.jpg


スノーシューを初めて履いたS氏。結構楽しんだ様で、何だかハマりそうな予感ガしないでもない。
今度、別荘に行ったらスノーシューが置いてあったりして (^_-)-☆。
お孫さんと一緒に歩くのも良いかもよ Sさん。
by loco156 | 2010-02-15 23:13 | H22 蓼科の休日
<< 2010/02/21 絶好のス... | Top-page | 2010/01/24 しっこく... >>