S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
タグ
(55)
(28)
(22)
(22)
(16)
(16)
(15)
(13)
(10)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
more...
検索
お友達の輪
最新のトラックバック
奥尻島で突風
from 奥尻島で突風、2棟全壊
花言葉事典メルマガ:第2..
from 花言葉事典
コダックのデジカメ
from 僕の欲しい本 欲しいもの
【福寿草】
from イチゴ☆イチエ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2010/11/13 紅葉のついでに鳥見&貝ケ平山
鳥見山公園の紅葉 イッツ ビューテフル!! (^_^)v 
e0050472_1258752.jpg
この所、山歩きにオデーカン様の御臨場が無い。
どうも夏の鹿島槍が堪えた様で、誘っても足が痛い、腰が痛いetc、、、でワシの単独行となっている。
単独行も良いが、このままでは、この先の山歩きに、支障をきたす予感が有る(銭とか、、(@_@;))。

先日、オデーカン様が、「八幡平の紅葉がきれい、白山林道の紅葉の良さそう、高山もよいなぁ。今年は何処も行かんかった」とぼやいていたので、此処は少しはくすぐって置くかと、近所で紅葉の見所を探す。

其処で思い付いたのが宇陀の鳥見山公園である。
家からも半時間程度。紅葉も中々の様だが、ついでに鳥見山、貝ケ平山、香酔山と回っても2~3時間の所要時間。
オデーカン様の足の鍛え直しにも良さげだ。

前日の夜、「明日は紅葉狩りで鳥見山公園はどうですかぁ~。今が盛りらしいですよ~。歩く時間も2~3時間で済みますよ~。午後には帰って来れますよぉ~、、、」。
で、食いついて来よりましたよ。パクっと (^▽^)エヘヘ。

当日、晴れの予報が出ていたが、ドンよりとした曇り空である。まっ その内晴れてくるだろうと8時頃に家を出た。
e0050472_11194770.gif
鳥見山公園には8時半頃に到着。駐車場にはすでに数台の車が止まっていたが、紅葉狙いの人達のようである。
e0050472_189530.jpg
トイレの左側から展望台を目指して丸太の階段を登って行く。
途中、広葉樹の紅葉も中々良いが、陽光がもう少し欲しい所だ。何だか、空気が濁っているような感じ。黄砂が来ているのか?。
e0050472_18132662.jpg
10分程で登りきり東海道自然遊歩道に出る。T字を右に登ると展望台だ。
展望台に設置されていた眺望図では、右は大和三山や大和葛城山、金剛山から正面には音羽山、右の方には稲村ケ岳から山上ケ岳、更には大台ケ原の日出ケ岳までが展望出来る様だが、今日の天気では霞がかかって判別出来ない。
e0050472_11244749.jpg
分岐迄戻り、右に曲がって山道を登って行くと直に植林帯に入る。
植林帯の中、小さなピーク(宮山の標識有り)を越え、登り返すと鳥見山山頂(733m)である。
木に掛けられた山名板と三角点が無ければ、見逃しそうなピークで、展望は無い。
e0050472_18135667.jpg
鳥見山山頂を通過し、植林帯の中を緩やかに降って行き、ロープの張ってある鞍部を越えると急坂となる。e0050472_18153029.jpge0050472_1829125.jpg
急坂を登りきると、立木にテープがベタベタ貼ってある分岐に着くが、テープが判読し辛い。後で判ったが、青竜寺から玉立へ下るルートである。e0050472_18164249.jpge0050472_12292288.jpg
玉立への分岐から少し進むと、今度は明確な分岐点。そこには道標もあり左に下ると「金山寺跡・山神竜王」と記されている。
e0050472_18171763.jpg
道標に貝ケ平山まで340mとの表記されていたので直に着くかと思ったが、そうはとんやが下ろさない。この先にはロープが設けられた急坂が待っていた。
此れをこなすと香酔山への分岐が現れる。
此処で、貝ケ平山から下りてきた登山者に出合うが、この方は香酔山の方に曲がって行かれた。
この方向は笹藪に薄い踏み跡が続いているが、、、。
e0050472_1817397.jpg
香酔山への分岐を見送り先に進むと又々急登。
e0050472_18304835.jpg
急登を登りきると木立の中の小さな広場に出る。ここが貝ケ平山山頂(822m)だ。
山頂には、二等三角点と、その前には鉄枠で囲まれた中に「妙法奉大天狗小天狗鎮座」と記された石碑、右側の笹の中には赤い木札が立っていた。
鳥見山と同じく此処も展望は無く長居は無用、引き返す事にした。
e0050472_1818440.jpg
貝ケ平山から引き返すが、時間は未だ10時過ぎ、早過ぎるので、香酔山にも寄って行くかとオデーカン様に伺うと、即却下された、、、(ノ_・。)クスン。
早く帰って、市役所で開催の物産展に行んだって ┐('~`;)┌
又、何か買うんかいな、、、、何て、口は滑らせられない(^_^;)

1時間強で東海自然遊歩道の分岐に戻り、右折して遊歩道を少し下って左折、鳥見山公園に下る。
入り口から見事な紅葉が目に写る。
ホェ~、、、真っ赤っ赤だ!! (゜ロ゜) ヒョオォォ!。
遊歩道から少し下ると勾玉池の湖畔に出る。此処からの景色もかなり見ごたえが有る。e0050472_18193999.jpge0050472_18201083.jpg
e0050472_18203796.jpge0050472_1822989.jpg
勾玉池を一周して駐車場に帰って来たのが12時前。
なんてこった。こんな時に限って、予定通りに終わっちまったぜい ┐('~`;)┌ 。
More Mountain!、、神サマ!、オデーカン様_(_^_)_。
やっぱ、香酔山も行っときゃ良かった ( ´△`) アァ-。

この後、時々行く笠山荒神前の蕎麦屋、「笠そば処」に行き昼食を取るが、まだまだ時間が有るので、戒長寺の「お葉つきイチョウ」を見に行く。

境内はイチョウの葉が敷き詰められ黄色に染まっているが、色着きは未だ早そうで、黄色と言うより黄緑だ。
其れでも、見事に絨毯が敷き詰められている。
e0050472_18233382.jpg
e0050472_18244744.jpg

山歩きにしては何だかなぁ~ (ーー;)。
短時間で終わったので不満も残るが、オデーカン様は「近場でこんな良い所が有ったのだ」とご機嫌な様だし、、、まっ 良いか! (ーー;)。
あし~たが有るさ、あすが有る♪♪、、、ムゥ! (ーー;)。

[本日のお疲れ軌跡&タイムテーブル]e0050472_18263563.jpge0050472_18265396.jpg

by loco156 | 2010-11-14 22:51 | H22.11 紅葉の鳥見山
<< 2010/12/05 初冬 木... | Top-page | 2010/11/03 紅葉狙い... >>