S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
タグ
(55)
(28)
(22)
(22)
(16)
(16)
(15)
(13)
(10)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
more...
検索
お友達の輪
最新のトラックバック
奥尻島で突風
from 奥尻島で突風、2棟全壊
花言葉事典メルマガ:第2..
from 花言葉事典
コダックのデジカメ
from 僕の欲しい本 欲しいもの
【福寿草】
from イチゴ☆イチエ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
05/07/21 研修帰りにちょっと天城山                (日本100名山ピーク踏めず)
伊豆の修善寺で研修会が開催されたので、ついでに 天城山へ登ろうと計画。
研修終了翌日は、まさに山に登れと言ってるような晴天に恵まれ、勇躍登山口の天城高原ゴルフ場へ向かう。
駐車場に着くと、人っ子一人居らず、若干不安になったが、登山口は分かりやすく、道も整備されている様なので、万二郎岳を目指して進む。20分程歩いたところで、重大な問題に気がつく。

 ギェ!! Σ(゚Д゚)ガーン 車のキーを閉じ込めた!! (~_~;)。

取あえず駐車場に戻りJAFにコール。山の中で携帯電話も繋がったり繋がらなかったりで、結局解消するのに1時間半掛かってしまつた。時間は既に12時前。どうする??。
中途半端な時間なので、万三郎岳はあきらめて行ける所まで行って見ようと再度出発。ホントにドジ!!。
この時期、あまり登山者が居ない(石楠花時期には修善寺からのバスがあるようだが、この時期には花が無いからか?。)登山道を順調に進み、1時間弱で万二郎岳のピークに到着。ヒメシャラや馬酔木に囲まれて展望はない。
山頂から5分ほど下ると露岩があり、絶好の展望スポットとなっている。行く手に大きく1325峰、その左に万三郎岳の頂が顔を覗かせている。此処からは富士山も見えるとの事だが、今日は残念ながら霞みが掛かって見えなかった。今回はここで時間切れ。万三郎岳にたどり着かなかったのは心残りだが、やむ終えず引き返す。

[天城山全景] ピークは万三郎岳
e0050472_1105124.jpg

[登山口]e0050472_18481146.jpge0050472_18484240.jpg
[入口付近の緩やかな登り]      道標。万二郎岳山頂がA-27、
                        この数を目安に登ろう。e0050472_18503270.jpge0050472_18505331.jpg
「ひとり一石運動」のカンバン    二郎岳への分岐
                     万二郎岳登山口(此処で一旦引返す)e0050472_11551191.jpge0050472_11552948.jpg
                               箒木山の分岐e0050472_18524620.jpge0050472_185313.jpg
万二郎岳山頂(1300m)        引抜かれている三角点e0050472_18532841.jpge0050472_18534517.jpg
1325峰(馬背)と左に見える万三郎岳
(この辺に富士山が見えるそうだが?…霞んでる)
     ↓
e0050472_18563446.jpg

無事帰還やれやれ           最後はやっぱりこれでしょう
                         ホテル・モンベルテにてe0050472_18573176.jpge0050472_18575260.jpg

[PR]
by loco156 | 2005-07-21 18:44 | H17 天城山
<< 05/07/23~25 花の山 白山 | Top-page | 05/07/18 大峯山系 奥... >>