人気ブログランキング |

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
タグ
(55)
(28)
(22)
(22)
(16)
(16)
(15)
(13)
(10)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
more...
検索
お友達の輪
最新のトラックバック
奥尻島で突風
from 奥尻島で突風、2棟全壊
花言葉事典メルマガ:第2..
from 花言葉事典
コダックのデジカメ
from 僕の欲しい本 欲しいもの
【福寿草】
from イチゴ☆イチエ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2012/04/15 鈴鹿山中 お金明神参拝
鈴鹿の奇岩…お金明神の磐座(お金の塔)
お顔も凛々しい、、、御利益が有りそうだで!

e0050472_943175.jpg

ネットで見つけた「お金明神」
鈴鹿山中深くに鎮座している奇岩で、
古くからお金明神として祀られてきたらしい
一度は参詣して、お金を、、、イテッ!\(-_-)。

行くならヒルの出ない春か秋だが、
丁度時間も空いたので参拝に行く事にした
e0050472_9565977.gif




≪以下の画像は全てクリックで拡大します≫

6時半頃自宅出発
伊賀市から名阪国道をスコーンと走り、、
東名阪の四日市ICで地道へ降りて、、
朝明渓谷駐車場に着いたのは8時少し前

駐車場では案内係のオジサンに従って駐車
料金500円也を払いながら情報収集

行く先は先ずは水晶岳だが、途中のルートが未定
オジサン情報によると、
根の平峠からより中峠からの方が楽らしい
ヘタレとしてはこの話に飛びつかない訳は無い
此れでルートは、中峠→水晶岳→お金と決った
e0050472_1084286.jpg

7時57分駐車場出発
キャンプ場の中、舗装路を奥へ進む

e0050472_101416100.jpg

直ぐ先のハライド分岐を左に見送り
e0050472_10142184.jpg
10分程で根の平峠分岐の橋横を通過
e0050472_10145920.jpg
その少し上で林道が分岐

左は根の平峠との標識がある
途中で合流するのだろうが、
少しのぞいてみると建物が建っていた
「望山荘」かもしれない

8時22分 中峠分岐到着
林道右横に立つ「中峠」の道標を見て広い川原を渡り
最初の渡渉で対岸の登山口に取付く
e0050472_1042557.jpg

e0050472_10252813.jpg
最初は堰堤を幾つか右から巻上がる
道ははっきりしており歩き易い

道がガレ出した頃、水音が聞こえてきて、
前方に細い滝が掛っているのが見える
曙滝だろう、、、水量が少ないので迫力は無い
8時46分 曙滝到着
e0050472_10303059.jpg

e0050472_10295361.jpg
滝下を渡り、ガレた急斜面に取付く
横には「落石注意」の標識があった

此処からはガレた急斜面、沢状態の溝道が続く
途中、岩壁をヘツル所はこのコース唯一の展望が得られる
その少し登った所では未だ残雪がある

最後に丸太階段をこなすと尾根に出て、左に少し登ると峠だった
e0050472_10374168.jpg


9時22分 中峠到着
峠は広々しており、展望も良い
右に行けば金山から羽鳥峰、釈迦ケ岳へ
左に行けは水晶岳から国見、御在所へと続く
此処は左に取って水晶岳をピストンだ
e0050472_11161558.jpg


水晶岳への登りで振り返れば釈迦が岳が
左の三重県側は四日市の市街地が望める
春霞かスッキリとはしないが、、、
e0050472_11263133.jpg


溝道の側面にはバイカオウレンの群生が見られた
此処までスミレ以外の花は見かけなかったので
思い掛けないプレゼントだ
e0050472_11281746.jpg

e0050472_1132335.jpg
明るい自然林の中、溝道を暫く辿ると
右に水晶岳への標識が出てくる
9時47分 水晶岳分岐到着

分岐から5分程で水晶岳山頂に出た
9時51分 水晶岳到着
雨量観測塔が少々邪魔だが
360度の大展望が広がっている


e0050472_1155231.jpg
10時24分 中峠に戻る
峠では一人の登山者が休憩中
一声掛けて西の下水晶谷へ降る
正面にはクラシの尾根が見える

所々倒木等で荒れた所はあるが
道ははっきりしていて歩き易い
3カ所程、涸れ沢を横切りながら下って行くと
愛知川の上流の神崎川に出合う
e0050472_11554266.jpg


10時52分 大瀞橋到着

この辺りの谷は大瀞と呼ばれているらしい

谷には古い鉄橋が架かっているが、、
傾いている上、途中で折れている
横から谷を見るとかなり高度感が有る
君子危うきに、、、渡らない方が無難だ
e0050472_1243237.jpg


大瀞橋の手前で、迂回路の案内に従い右折
少し先で谷に降りて渡渉する
e0050472_12132282.jpg

渡渉中に下流を見ると、、、
切り立った崖と澄み切った流れ、、、
大瀞と言われるのはこの風景からだろうか?

橋は此処の岩壁の上に架かっているようだ
e0050472_12144469.jpg


渡渉後、急斜面を一登りすると神崎川左岸に出る
此れを右折して、左岸を少し下ると
平坦地となり、小屋跡、窯跡等が、、、
右手に比較的新しいお地蔵様建っている
e0050472_12284190.jpg


道は、溝道、涸れ沢渡渉、崩壊箇所高巻など結構ハードだ
途中、窯跡ロードとでも名付けたい程の炭焼窯跡がある
やがて涸れ谷を上に回り込んで渡る
e0050472_1434654.jpg

11時34分 お金明神分岐到着
道の左側にネットで見かけた標識があり
しめ縄まで付いて、グレード・アップされている
ここから「お金への道」が始まる (o^-^o) ウヒッ!
e0050472_1444132.jpg

e0050472_14134570.jpg
「お金」へはピストン、ザックをデポる
左の谷に向って踏み跡が付いている
少し進むと谷(多分お金谷)に出る
e0050472_1414564.jpg
お金神社への標識に従って谷沿いを登る
途中で先行する団体と出合う
メンバーのリーダーらしい人から
大岩の左を巻上がる方が安全との事
忠告に従い、左から巻上がることにする
e0050472_14143674.jpg
滑りやすい急斜面を這い上って行くと、
右に大きな岩塔が現れる
此れが噂のお金か?、、、
e0050472_14144919.jpg
後から続く「お金」詣での団体さん
皆さん考える事は同じ金の亡者、、か?

岩塔の左手から回り込むと・・・

11時48分 お金明神到着
ネットでお馴染みの天狗が迎えてくれた

此れが自然の造形とは、、、、不思議だ!!
ネットで見るよりも現物は遥かに迫力がある
何とも言えず神々しい、、、
有難や!。有難や !゜(-m-)パンパン
e0050472_14475877.jpg


登り口の横には、此の磐座の云われが書かれた標識が、、
磐座の中程には小さな鳥居が沢山奉納されている
e0050472_15101363.jpg

団体さんも登って来たので、来た道を引き返す

途中で危ないと言われた岩塔の下部へ回り込んで見る
見上げると、「お金明神」は意外と厚みが無い
何か、裏舞台を除いた様な気分だ /_-)ウウッ
e0050472_151727.jpg

お金明神分岐まで戻り、再び神崎川左岸を下る。
川に沿って沢山渡渉、沢山トラバース、、
前方が明るくなってくると、、

12時33分 ヒロ沢出合到着
上流側に少し行くと、たき火跡と河原への赤テープが見つかる
此処は岩を挟んで左右にテープがあり、
左に降りると直ぐ下が河原だが、渡渉点が?、、
右に更に進んで河原に下りると河原が広くて、、
都合のよい岩の並びを見つける事が出来た
e0050472_15343440.jpg

飛び石伝いで無事渡渉、、
e0050472_1536148.jpg

河原で昼食休憩とする
澄み切った神崎川の流れを愛でながら、、
_(-ω- ,,)マターリ

ふと、目の前の岩壁を見ると、登りの赤矢印が、、
その上にはロープが見えている
此処から登ると何処へ通じるのか?、、
国土地理院の地図だと羽鳥峰峠へのルートか?
e0050472_1537547.jpg

出合の河原から岸に上がると広場に出て、
左の谷沿いに登るが、直進しそうになった

実際は、数m行ってから、左へ折れて渡渉となるが、
少し判りにくいか?、、
e0050472_15461281.jpg

 e0050472_1547810.jpg
沢に沿って溝道や平坦道を登って行く
途中、トラ?のマスコットが木に、、
何方かが付けたのか、忘れたのか、、
e0050472_15491483.jpg
途中の炭焼きの後には、
古ストーブ、ホンダ・カブなどが捨てられ、、
過去の生活が目の前に蘇った・・・・
カブだとぉ~!!、、、
此の山道を走ってたのか?
(゜◇゜)~ ガーン

14時15分 羽鳥峰湿原到着
沢沿いに遡って行き、何となく湿原ぽい平坦地に出ると
羽鳥峰湿原の標識が立っていた
彼方此方に白いバイカオウレンが咲き乱れている
e0050472_1551445.jpg

14時18分 羽鳥峰峠到着
峠に飛び出すと、白砂の小山が目前に、、
e0050472_1643120.jpg

滑りやすい斜面の一登りすると羽鳥峰山頂、、
・・・・・・・・
14時24分 羽鳥峰到着
(^◇^ ;) ほぇ~ 大々展望、、、、、です


14時43分 猫谷コース分岐
羽鳥峰峠からの降りは、林道コースと谷コースがあるが
早く降れる谷コースを行く事にした
帰りに湯の山温泉へ寄るつもりなんで
e0050472_16113252.jpg

谷コースは、最初はガレた急斜面
途中、3か所ほど堰堤の右岸を下りる
ロープが付いているが、使わずに降れる
e0050472_16121397.jpg

15時05分 林道出合
最後の堰堤の左岸を降ると林道に降り立つた
e0050472_1617123.jpg

此処は谷コースと林道コースの分岐点で
縄弛み堰堤の石碑が二つ建っている

此処からは林道をブラブラ歩き、、
e0050472_16131990.jpg

15時39分 朝明渓谷駐車場
既にかなりの登山者が下山したのか
残っている車は数台だった
e0050472_16155883.jpg

この山域は、距離の割には山在り谷在り湿原在り
その上、明神様から大量の炭焼き窯跡などなど
その他には上高地もあるらしいから奥が深い
暫く通ってみるか、、季節限定で!
しかし湧水の多い山々だ、、、
ヒルが大量に居ても可笑しくは無いな!。

さぁーて、宝くじでも買いに行くか 、、(`o´)ノウッシャァ

【本日の軌跡&経過時間】
e0050472_16165212.jpg

e0050472_0243541.jpge0050472_16255478.jpg

by loco156 | 2012-04-18 22:31 | H24.04 お金明神
<< 2012/04/29 鈴鹿の秘... | Top-page | 2012/04/01 羊さんの... >>