人気ブログランキング |

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
タグ
(55)
(28)
(22)
(22)
(16)
(16)
(15)
(13)
(10)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
more...
検索
お友達の輪
最新のトラックバック
奥尻島で突風
from 奥尻島で突風、2棟全壊
花言葉事典メルマガ:第2..
from 花言葉事典
コダックのデジカメ
from 僕の欲しい本 欲しいもの
【福寿草】
from イチゴ☆イチエ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2012/07/14~15 燕岳~常念岳縦走? (一日目)
北アルプス 燕岳  (2763m)
燕山荘前には、畦地梅太郎作の山男
e0050472_2148767.jpg

今回の山行も突然に決った!!

今年の3月、じいさん二人が八方スキーに繰り出した
生憎の悪天候で、途中で撤退を余儀なくされた

後日、電話でその話をしていると、、、
突如として、燕山荘の話が、、、、
ろうじんSの義姉が山荘のお馴染みさん
だとか、何とか、、、、、、、

結局、初夏にその義姉も巻き込んでの
燕岳へとの話が纏まった、、、、、

約3カ月、あぁだこうだと検討するが、
こちとら遠征、燕岳だけじゃコスパが悪い
此処ん所は、大天井、常念の縦走を狙う

あちらは、あちらで、前日に有明荘で一泊、
翌日登って、、、、、
燕山荘でマッタリ2泊の大名旅行
後で聞いた話だと、ポーター迄頼んだとか、、(゜◇゜)~ ガーン

良いのか此れで、、、、(^◇^ ;) ほぇ~


「二日目」へはコチラ>>>
e0050472_14275947.gif




≪以下の画像は全てクリックで拡大します≫

7月13日夜9時半に家を出て、、、
東名阪、名古屋高速、中央道、長野道と
雨の中を、、、快調に辿り、、o(´^`)o ウー
中房第一駐車場には1時半頃に到着した

予定より30分程早かったが、第一駐車場は既に満車状態
一回りすると、何とか1台駐車するスペースが見つかった

ヤレヤレ、、、聞きしに勝る込みようである
しかも、雨が降っているし、、、(^_^; アハハ…

その後も続々と車が入って来ては一周して出て行く、、
ライトの光が断続的に照らされるので、中々寝付けない (-"-;)

翌朝、寝不足でボーッとしながら車を出ると、、、
駐車場は隙間なく埋め尽くされている

天候は、、、、曇りの様な、小雨の様な、、、
天気予報では、今日は雨後曇り、、、、
明日、明後日は曇り一時晴れ、、だが?


【中房第一駐車場 6時30分】
兎に角待ち合わせの中房登山口へ向かう
駐車している車は殆ど無人、、、既に出発か?
e0050472_21482791.jpg
駐車場から登山口迄は舗装道路を10分弱歩く
e0050472_21484285.jpg

【中房登山口 6時38分】
登山口の中房温泉前には(^◇^ ;) ほぇ~
ビックリの人出!!、、、異常な程の人気だ
雨だぜぇ~、物好きな、、、、、人の事は言えんが
e0050472_21485916.jpg

【登山道 7時15分】
7時過ぎに、S氏とS氏の義姉と無事合流
挨拶もそこそこに歩き始める

最初は森の中への綺麗なアプローチだが、、
体が慣れる間もなく直ぐに急登となる

そう言や、此処は北アルプス三大急登と呼ばれているらしい
e0050472_21491679.jpg

【第一ベンチ 8時00分】
樹林帯の中を45分ばかし辿ると小広場に出る
第一ベンチと呼ばれている所だ
登山者が三々五々休憩している
意外と、此処まではCT通りに進んでいる
e0050472_21493019.jpg

【水場 8時7分】
沢に数分下ると水場がある
小さな穴から水がコンコンと流れ出ている
中々美味しい水で、少し汲んで行く
e0050472_21494679.jpg

【第二ベンチ 8時45分】
此処もCT通りだが、、、
しかし、蒸し暑い!!
e0050472_2150813.jpg

【第三ベンチ 9時37分】
熊笹の間をジグザグ、ジグザグ、、
ひときは登山者が休んでいる所に出た
此処が第三ベンチ、距離的には丁度中間点らしい
e0050472_21502718.jpg

【富士見ベンチ 10時52分】
第三ベンチ辺りから木立ちも空いて来て、
隙間から隣の尾根が見えるようになって来た

この区間、はガクッとペースが落ち
1時間15分も掛ってしまった

そろそろ、お疲れモード突入か、、、、

富士見と言うからには富士山が、、、、
ガスの中でした ( ´△`) アァ-
e0050472_21505038.jpg

溝状の道や、チョッとした岩場もあるが、、
基本は樹林帯の登り道が続く、、、

いい加減飽きて来た頃
木立に、「合戦小屋迄あと10分」、
「合戦小屋迄あと5分」の標識が、、、
励みに為ります
e0050472_9415671.jpg

【合戦小屋 11時46分】
気持ちを持ち直して一登りすると、、、
小屋前に飛び出した、、、、(~∇、~;) ハァハァ

直ぐ左横には、名物のスイカ売りだ、、、
1/8切れが800円、、、、、( ̄ヘ ̄)ウーン

時間も時間だし、かなりお疲れムード、、
此処で昼食を兼ねて大休憩とする

雨は、何時の間にか上がっている
外のベンチでも大勢の人が休憩中だ
e0050472_21533343.jpg

【合戦沢ノ頭手前の展望】
50分近く昼食休憩で停滞していたが、、
まだ少し先が有るので、重い腰を上げる

小屋から急坂を少し登ると、左側の木々の間から、、、
大天井岳から常念岳への稜線が見え、、、
ガスの切れ目から大天荘が、、、、(°〇°;) おおっ?
e0050472_2154587.jpg

【合戦沢ノ頭 12時55分】
小屋から25分程急登すると、、、
森林限界の合戦の頭に出る

頭の覆いを取っ払った思いだが、、、
残念ながら雲で覆われて遠望は利かない
e0050472_21542814.jpg

(*・0・*) ワオ、、進行方向には燕山荘が、、、
e0050472_21544568.jpg

大天井岳~常念岳の稜線、、、、
ガスが無ければ槍も見えるらしいが、、、o(´^`)o ウー
e0050472_21575736.jpg

尾根道を少し進むと、、、、
燕岳、北燕岳が、、、
(°〇°;) おおっ?、、意外と近いぞ
e0050472_21582465.jpg

尾根道は概ね緩るやかな登りが続く
所々に残雪が現れ出す、、、
この辺りの季節はまだ春の様だ
e0050472_21585545.jpg

燕岳の手前に巨岩壁が、、
その上にあるのが燕山荘か?
e0050472_21591444.jpg
【雪田のステップ 14時23分】
雪田に切られたステップを登ると、、、
表銀座縦走路に飛び出す
e0050472_21594026.jpg

【縦走路 14時24分】
向かいには高瀬川の深い谷越に、、
裏銀座の山々がズズーズィ、、、、
この方角にはチュルギ~!!、、のはず

稜線の頭が雲の中では、何が何やら?、、、(;´д` ) トホホ
まぁ、雨が止んだだけでも良しでしょう (^o^)
e0050472_21595546.jpg

【表銀座 縦走路】
此処から槍への表銀座縦走路が始まる
何時かは  (´-`).。oO(・・・・・・・・・)
e0050472_107412.jpg

【燕山荘 14時28分】
此れが、あの名高い燕山荘ですか (^o^)
は~るばる、来たでエンザンソゥ~♪♪
兎に角宿泊手続きを、、、、
e0050472_2201268.jpg

【燕山へ 14時50分】
部屋に荷物を置いて燕岳に行く事にした
遠望は無いが、雨も止んでいるし、、、、
周辺のガスは取れている
山は、「行けるときに行っとく」が鉄則だ
e0050472_2214133.jpg

燕岳へのルートが花崗岩と灌木の間に、、、
手前の岩場はイルカ岩の裏側
e0050472_2264535.jpg

【イルカ岩 15時00分】
岩場を回り込むと、、、、
此れだ!!、、、、、、
燕岳のシンボルと化したイルカ君
e0050472_227474.jpg

花崗岩質の山に特有の、、、、
砂の白と灌木の緑が織りなす風景
e0050472_2273952.jpg

【メガネ岩 15時20分】
此れも、お馴染みのメガネ岩、、
余り有名なので初めての気がしないが、、
e0050472_2275999.jpg

燕岳山頂への最後の登り、、、
結構急斜面だ (´Д`) フゥ~
e0050472_2282621.jpg

登山道の脇には白山一華が、、、、
e0050472_228516.jpg

【燕岳山頂(2763m) 15時32分】
やっと燕岳山頂に到着だ!!!
Sさん、「72才の登頂!!」、、、d(^0^)b グッ!
e0050472_21511518.jpg

振り返ると、燕山荘へ延びる稜線が、、
その後ろに大天井から槍へ延びる稜線があるのだが、、
今日のコンデションでは望みすぎか!!
e0050472_22111291.jpg

ザレタ砂地には、丁度見頃のコマクサの群生、、
e0050472_22114798.jpg

白山一華も負けてはいない、、
e0050472_22182134.jpg

雪田の上にあるテン場、、、、
溶けたらどうなる?、、、o(;-_-;)o ワクワク
e0050472_2212722.jpg

無事燕岳のピストンを終え、、、、
マイ・ブームの、「燕岳にカンパイ~!!」
プハ~ッ!! (V^-°)イエイ!
e0050472_22124012.jpg

雲の切れ目から、光の矢が次々と放たれる、、
此処はやはり神々の世界だ!!
e0050472_2213474.jpg

by loco156 | 2012-07-18 23:44 | H24.07 燕岳
<< 2012/08/04 ようお参... | Top-page | 2012/07/14~15 燕... >>