人気ブログランキング |

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
タグ
(55)
(28)
(22)
(22)
(16)
(16)
(15)
(13)
(10)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
more...
検索
お友達の輪
最新のトラックバック
奥尻島で突風
from 奥尻島で突風、2棟全壊
花言葉事典メルマガ:第2..
from 花言葉事典
コダックのデジカメ
from 僕の欲しい本 欲しいもの
【福寿草】
from イチゴ☆イチエ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2012/11/18 晩秋の北部台高 ゼエノ谷詰め、木原谷降下
晩秋の北部台高流離 、、、、ゼエノ谷~国見山手前~木原谷

メガネで覗き見、、、晩秋のヤシオ尾根

e0050472_1034728.jpg
毎年、何故かこの時期になると木梶、木屋谷界隈が気にかかる
2週間前に、アベ山谷から赤ゾレ、国見と徘徊したのだが、、、

週末の天気予報では、土曜日は雨だが日曜日は回復と出ていた

日曜日の朝起きると、雲が厚く被さっているが、曽爾辺りの空が明るい
此れに誘われて、丁度1年振りにこの界隈へ出撃する事にした
特に気に為るのは、木梶林道の様子、、、、
ネットをググルと最近、鳴滝展望P迄入った記録があった、、、が
道の荒れ具合は??、、此方は軽の普通車だからなぁ ( ̄ヘ ̄)ウーン
e0050472_1041687.gif




朝6時半頃に家を出て、榛原に向うが、途中から雨が降り出す
榛原を過ぎ、新木津トンネルを過ぎても雨はやまない

高見トンネルを出て、少し下った駐車場で雨上がりを待つが、、、
三重県側も上る様子が無いので諦めて引き返す


新木津トンネル手前辺りまでくると雨が上った、、、、(゜◇゜)~ ガーン
慌てて引き返し、、、予定より30分程の遅れで鳴滝展望Pに到着した

木梶林道は、2か所ほど地面が掘れ込んで危うい所があるが、
何とか腹を擦ることなく通過出来た


[鳴滝展望P 8:00]
駐車場で、準備をしていると2台の車が続いて入って来た
知り合いの様で、色々話をされているので、そそくさと出発する

少し歩いてから気付いたが、、、、、
一人の方は以前お会いしたグー(伊勢山上住人)さん?
ムムゥ~、、、、アルツか ( ´△`) アァ-
e0050472_1041019.jpg

[ゼエノ谷出合 8:29]
ゼエノ谷出合で、ウィンドブレーカを脱いでいると、、、
左目の隅に何か動く気配が、、、ギョッとして見てみると、、
赤い上着に、長靴姿のグーさんが追いついて来られていた

通常の渡渉点より少し上部から渡渉されたが、
目前でずっこけられたのには驚いた 'O'*) エッ!!

大丈夫ですか?、、、と声を掛けたが、聞こえなかったのか、
そのまま、何事も無かった様に尾根斜面を登って行かれた

尾根斜面を少し登ると、踏み跡が尾根通しと沢沿いに分かれる
今日は沢沿いに進む事にする
e0050472_1043039.jpg

辺りの落葉樹は殆ど葉を落としている
明るくなった谷は、見通しが効き、連続する小さな滝が、、魚止の滝かな?
e0050472_105071.jpg

[炭焼釜跡 9:02]
右に折れた所に炭焼釜跡がある
以前来た時は新緑の時期なので様子がかなり異なる
前より薄くなった踏み跡は、この辺りからは更に不明瞭になる
e0050472_1064734.jpg

[大きな二股 9:27]
歩けそうな所を左岸、右岸と辿って遡って行く
しばらく進むと、谷が広がった二股に出る
以前、此処からの支尾根に取付き、ヤシオ尾根に登った気がする
e0050472_1072768.jpg

右の谷に入るが、小滝が邪魔をするので、左岸を少し高巻く
谷の流れは緩やかだが、暫く岸より少し高い所を谷沿いに進む
e0050472_1074565.jpg

[ゼエノ谷支谷源頭 10:06]
谷を尚も遡って行くと、谷幅が徐々に狭まってくる
何か所か支谷が流れ込んでいるが、右へ右へと進む
と、言うか、進まされている感じだ
谷の様子が段々と荒れ気味になり、左へ折れたい地点でも倒木で通せん坊
とうとう、支谷の源頭まで来てしまった
e0050472_1082096.jpg

[ヤシオ尾根P1240 10:22]
支谷の源頭下から右の支尾根に逃げるが、、、
この尾根って、以前も辿った様な気が ( ̄ヘ ̄)ウーン

支尾根を登りつめると見た事のある風景、、、P1240だった
この辺りから、窪みには最近降った雪が残っていた
今シーズン初めてのお目見得である、、、冬到来!!、、、だなぁ

谷を遡っている時は気に為らなかったが、、、
風が強く冷たい (>_<)!!
e0050472_1081258.jpg

[馬駆ヶ場 10:37]
ヤシヲ尾根を辿って行くが、、、、、耳が冷たいぞ (ノ_<。)うっうっ
風と寒さに耐えながら15分程登ると、馬駆ヶ場に出た
谷の途中からモヤが出て来て、この辺りに来ると周囲が霞んでいる

此処から木屋谷へ降りて、盆栽平へとも考えたが、、、
この天気、何時又雨が降って来ても可笑しくないので馬駆ケ辻に向う
降る予定の赤ゾレの北東尾根から離れたくないからなぁ (-_-;)
e0050472_1083962.jpg

馬駆ケ辻迄の尾根道は日本庭園とも言われるが、、、
靄に浮かぶ松の姿、、、実に幻想的だ (^-^)V イエー
e0050472_1085359.jpg

お気に入りのダンシング・ツリー、、、少し角度を変えて
e0050472_10582846.jpg

一対のブナ、、、、こんな会話をしてい居そうな
e0050472_1092883.jpg

[国見馬駆ヶ場 11:12]
此の木の向うには国見、水無、、、その後ろに桧塚が、、、
見えるんだが、、、、心眼じゃ!! (*0`∩´0*)!

縦走路を国見山に向ったが、風と寒さにめげ、途中で引き返す
うぅ~!! (>_<)寒っ、、、、次からは毛糸の帽子じゃ!!
e0050472_101032.jpg

赤ゾレ池手前の林、、、、、静寂!!
e0050472_10104493.jpg

[赤ゾレ池 12:08]
赤ゾレ池の大又側の様子を見てから池の方へ向かうと、、(*・0・*) ワオ

池の畔にはバイク野郎が数人休んでいた、、、何処から??
此処でバイク野郎に出会ったのは初めてなので少し驚いた
北八ヶ岳の天狗岳山頂でチャリンコを見た程ではないが、、、
e0050472_10594013.jpg

[赤ゾレ北東尾根休憩地 12:25]
池を早々に通過し、さっさとお気に入りの場所へ向う
盆栽平も良いが、、、私的第二の盆栽平だ

此処で、1時間程、カップラーメンとカップ焼酎で _(-ω- ,,)マターリ 
1時半頃に尻を上げて降りに取り掛かる
少し、尾根を辿ったが、、余り面白くないので木原谷を降る事にする
Co1180m辺りから急斜面を降下する
e0050472_10113268.jpg

[木原谷降下点 13:53]
降り始めて15分程で、Co1070m辺りの木原谷に降り立つた
降り立った所は、谷が下流に向けて大きく左に屈曲する所だった
葉が茂っていない事もあって、なだらかな地形が良く見える
e0050472_10121690.jpg

降り立った所から10分程降ると植林帯に入る
此処から暫くは伐採した木や枝が斜面を覆い、歩き難くなる
e0050472_10122980.jpg

樹林帯の歩ける所を右岸、左岸と選びながら降りて行くが、基本は右岸だ
10分強歩くと、左の流れから徐々に離れて行く
その内小さな登り返しをすると左に滝が見えてくる
この辺りで最も大きな滝、二連滝だ
e0050472_10125581.jpg

[二連滝 14:22]
踏み跡から滝下へ下りるには、かなり下流から遡上するか
少し下の急斜面を木の根、岩、倒木を使って降りるか、、、( ̄ヘ ̄)ウーン
何とか急斜面を降ったが、、、帰りに登り返すのにちょっと難儀した
e0050472_1013342.jpg

滝下から上部に架かる丸太橋を見る(赤〇の部分)
この橋も、以前は通れたが、今は「×」だ
e0050472_10234714.jpg

この辺りから明確になる踏み跡を20分程降るとゼエノ谷との出合に出る
出合から直ぐに木梶林道へ出て、後は駐車地点まで林道歩きだ
途中にあった、秋の忘れもの、、、、この辺りでは最後の紅葉か?
e0050472_10243112.jpg

[鳴滝展望駐車地 15:30]
3時半に鳴滝展望駐車地に帰り着くと、朝に出合った車の1台が既になかった
グーさんらしい人の車は残っているので、きっと 水無北東尾根辺りを逍遥か?
ヤブコギネットが楽しみだ (o^^o)ふふっ♪、、、って、気持ち悪いかね?
e0050472_21563941.jpg
今年最後の紅葉見納め
山は殆ど落葉して、スッパダカの様子だが、、、、
不動滝は今が盛りで、最後の踏ん張りか!、、、(^◇^ ;) ほぇ~ お見事!!
e0050472_10242389.jpg

お馴染みの高見トンネル出口も紅葉の髪飾り、、、イヨー! 千両役者!!
e0050472_1025632.jpg

フト気付いたが、、、今日は一つもピークを踏んで無い (゜◇゜)~ ガーン
こんな事って、、、、、有りだわな 初めての所も歩いたし (^_^)v

本日の軌跡と経過時間
e0050472_10481474.jpg

e0050472_10531380.jpge0050472_1661868.jpg



by loco156 | 2012-11-20 21:20 | H24.11 ゼエノ谷&木原谷
<< 2012/11/23~24 晩... | Top-page | 2012/11/3 北部台高縦... >>