S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
タグ
(55)
(28)
(22)
(22)
(16)
(16)
(15)
(13)
(10)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
more...
検索
お友達の輪
最新のトラックバック
奥尻島で突風
from 奥尻島で突風、2棟全壊
花言葉事典メルマガ:第2..
from 花言葉事典
コダックのデジカメ
from 僕の欲しい本 欲しいもの
【福寿草】
from イチゴ☆イチエ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2007/01/21 奥桧塚-明神平-奥山谷 周遊
奥桧塚(1420m)…三重県最高峰(県境を除く)
e0050472_0215039.jpg

前回(1/4)単独行で桧塚に出撃したものの、道を間違えて時間をロス、その上 時計まで狂っていた為、当初の目的であった三重県最高峰(県境除く)制覇が、桧塚で引返す羽目となった。そこで再度挑戦である。

どうも単独行では、連れからの帰れコールが何時かかって来るのか気になってのんびりと歩いてもおられない。
そこで、「桧塚は草原が広がり気分爽快になりますよ」、「山頂からの展望は感動モンですよ」などと口から出任せ、いや、前回の感想を話してその気にさせる。
決して 悪路を自分の車で走るのが嫌で、連れの軽自動車で行く為ではありませんぞ ムフフ。

桧塚までは前回辿ったので、今回は奥桧塚から明神平に出て、奥山谷を下ることにする。
ネットで調べると、奥山谷の登山道は余り人が入っておらず道が荒れているとの事だったが、まぁ 谷に添って行けば良さそうだし、何と言っても新兵器ガーミンGPSがあるので何とかなるだろう。

何時もの様にコンビニで食料を調達し、迷うことなくマナコ谷の登山口に到着(先々週に来てるもんネ)。
木屋谷林道では、連れが「左右に頭が振られて気分が悪い」とぼやいていたが、其処は知らんプリで登山口までガァーっと一気に登った。
なんたって 軽の方が車高が高いので悪路も余り気にならない。
(決して自分の車じゃないから 何て思ってませんよ~ 本当ですって オデーカン様)。

e0050472_12444216.jpg[本日のコース]
青線…予定コース
橙線…GPSログ
黄緑線…移動方向
赤線…辿ったと思われるルート
☆クリックすると拡大します☆

登山口に付くと、先客の車が1台停まっており、2人連れの登山者が準備をしていた。
e0050472_029142.jpg
登山口から桧塚までは前回と同じルートを辿り、尾根道の笹原をこなすと稜線出合に出る。
e0050472_0294362.jpg[稜線からの展望]

e0050472_11235972.jpg[桧塚分岐]
左に行くと桧塚。
今回はカットして右に辿って奥桧塚を目指す。

e0050472_11245348.jpg[奥桧塚分岐]
少し稜線を辿ると三角点があり、側の木に奥桧塚の山名板が掛けられていた。
一瞬此処が奥桧塚の山頂かと思ったが何となく風景が違うような?。

e0050472_11255869.jpg[奥桧塚(1402m)]
辺りを見回していると、マナコ谷から先行していた2人連れが少し先のほうに見えたので、行って見ると視界が開けた場所に出た。
一部分が少し小高くなっており、此処が奥桧塚のピークであった。

先行の2人連れは既に昼食の準備をしていたが、時間も早かったので明神平を目指す。
三角点のあった分岐へ少し戻って道を左にとる。
広く明るい林のアップダウンを気分良く辿ってゆく。
道には雪が少し積もっていたが柔らかな絨毯の上を歩いているようで邪魔にはならない。
e0050472_1130346.jpge0050472_11273637.jpg

30分程雪道を歩き、ちょっとした斜面を登り切ると新たな尾根道に出会った。
e0050472_11342189.jpg地図によると、此処を左に進むと池木屋山方面へ出るようだが、今回は進路を右にとる。
池木屋山分岐からみた展望。雲がまるでダムの様に見える。
e0050472_13152157.jpg

この尾根道は右は傾斜の緩い林だが、左側はかなり急な斜面となっていて、滑り落ちるとヤバイ感じである。

e0050472_113541.jpg一部雪の被った尾根道を注意して辿ってゆくと、一人の登山者が上を見上げている。
此方も立ち止まってその視線を追って見ると、登山道横の木に明神岳(1432m 本日の最高到達地点)の山名板がかかっていた。
前回大又から来た時も明確なピークが無く、わかり辛いと思っていたが、やっぱ見落とす所だった。
周りは林に囲まれ展望も無いので早々に通過する。

暫く尾根道を辿ると斜面の登りと右に巻く道の分岐に出た。
右の巻き道を行くと、見たことのある開けた斜面に飛び出した。
e0050472_11355091.jpg此処から明神平は目と鼻の先で、少し下ると東屋と山小屋が目に入った。

e0050472_11583373.jpg本日は東屋で昼食をとることにする。
昼食の準備をしている間に周りを見回すと、大又側の斜面に樹氷が付いていたので写真を撮るが、撮っている横から樹氷が落下している。
今日は曇り空だが風も無く気温も高い為、見る見る内に樹氷が無くなってゆく。e0050472_11591116.jpg
今年は暖冬で雪山(精々高見山程度ですが)が期待できそうも無い。
こう暖かかったら商売(服屋でーす)にも差し支える。何とかならんもんかねぇ ならんやろうな。
なんて物思いにふけっていると、連れはうまそうにお握りをほうばっている。
あんたは欠食児童か? ほんまに。

昼食も済んで、腹ポンになり動くのが嫌になって来たが、今日は此処までとし帰ることにした。
帰り道は奥山谷を下るコースを取る。
ネットでは道が荒れていて、判りにくいと書いてあったが目印となるテープが付けられていてそれほどでもなく順調に谷へ下って行った。
e0050472_1411426.jpge0050472_14112097.jpg

e0050472_14115577.jpg途中で見つけたブッシュ(仏手)状のツララ。
この辺はまだ余裕。

暫く行くと、ネット情報で書かれていたように谷の右岸へ渡るようにテープが付けられていたので、ムフムフと納得しながら渡渉し、谷沿いに下ってゆくと、谷がT字になっているような場所に出た。
少し早いかなと思ったが、いかにも谷川が合流しているように見えたので、此処がガイドにある965m地点と判断(しかし山側に登るはずだが?)。谷筋に沿って右に登ってゆくと何と谷川が消えてしまった。
この頃には、ガイドのテープも見失っていて現在地点が特定できず、此処が新兵器GPSの出番であると、おもむろにガーミンを取り出して 見る。
ナヌ??。衛星をロストしているぅ~!!。
頭上の開かれた場所に出てみるが、衛星を捕捉しない。
ムゥー!! ( ̄~ ̄;)う~ん??。。。 役立たずが!!。
さて どうしたもんじゃいと思っていると、連れが「水の流れに添ったら良いんちゃうの」と仰せられる。
そうだった 目的地は万歳橋だから下流のはず。 ムゥ~。お主やるな。

一旦登った所を元の谷筋へ降りてゆくが、涸れ谷だったのがいつの間にか水が流れ出てきており、下まで下ると渡れなくおそれがあるので、途中で谷筋を渡る。
e0050472_14143060.jpgこの後、本流と思われる谷筋まで又下り、谷に沿って右岸を行く。
暫く行くと、又 谷川に出会い渡れそうに無い。
さて どうすべぇと辺りを見回すと、あら 嬉や ガイドのテープが上の方の木に巻きついていた。
此処が本来の965m地点だっ!!。ほっ! (^。^)y-.。o○。

e0050472_14145121.jpgテープの付いている方向はかなり急斜面だが登るしかないので、木々の間を遮二無二登ってゆく。
暫く急斜面をこなしたが、ガイドのテープが見当たらない??。
ムゥー!!。又もや違ったか!!。
頭上が少し開けていたので、若しかしてGPSが衛星を捉えているかとブツを取り出すと、オォー 衛星を捕捉しているではないか。やったネ ( ̄― ̄)ニヤリ。
画面を良く見ると、現在地点は谷の対岸をさしている。???(゜_。)? 何で?。
水の流れから判断すると対岸にいることはありえない。
ケッ!! 役立たずが!! (--〆)。
連れの顏を横目で見ると、「又しょうもないもん見てる」と軽蔑の眼差し。と思ったのは勘繰り過ぎか?。
仕方が無いので、一旦元の谷筋へ下ってゆくと、人が辿った形跡も無い所にガイドのテープを発見。
地図で示されている登山道よりはかなり上方のようにも思ったが、此処はこのテープを信じることにして、次のテープを探して見回すと少し先に発見。
この後はテープを探しつつ急斜面を登ったり下ったりの連続。

途中では、谷側にずり落ちたり、連れの水ぽちゃがあったりしながらもなんとかテープを辿った。
このガイドテープは踏み後も無く、とってもじゃないが登山道を示しているとは思えなかった。

e0050472_14241312.jpg暫く難行苦行をこなしてゆくと、やっと山道と思える道に降り立った。
今度こそ本命の道に出たようで、周りを見回すと、出たところは十字路のようで、下って来た道の横には小屋跡らしい痕跡があり、真直ぐ行くと谷にへ下る感じ(道は消えていそうだが)、左右はどちらに行っても下りとなっていたので、谷川が見える左方向へ道を取った。

一旦下り谷川を見ると、行く方向から流れてきている。
あちゃ~!!。又 間違えた。
ほうほうの態で道を引返し、改めて右方向の道を辿る。

e0050472_14245984.jpg暫く行くとトラロープの張ってある急斜面に出るが、ロープが交差しているので下りにくい。
腹の中でぶっぶっ言いながら下り、途中で下を見ると木橋が架かっていた。

e0050472_14253754.jpgおっ!! やっとほんまの道やったと確信し、橋の側まで降りてゆくと、在りました!!  「登山口⇔明神平」の小さな標識が \(^o^)/。
踏み後も薄い山道と途中にあった2つ目の木橋
(この橋も、一つ目の橋も、最近架け替えられた様で未だ新しかった)
e0050472_14261973.jpge0050472_1426382.jpg

e0050472_14285337.jpg後は谷を渡って、植林帯を抜けるとやっと林道へ飛び出した。
ふぅー!! ヤレヤレ!!
(_ _,)/~~ マイッタ!。


e0050472_14291562.jpgさっさと下りる連れ。 待ってくだされ~ オデーカン様。


後で調べると、谷の出会いと誤った地点辺りから谷の左岸へ行くのが正しいようで、我々は右岸をそのまま下ったようである。
調子よく谷筋を下りたのがいけなかったのか?。
GPSも林の中ではまったく役に立たなかった。過信は禁物が今日の教訓。

今日はお疲れ様でごぜいやした オデーカン様!!。 おみ足でもお揉みいたしやしょうか (揉み手)。 
by loco156 | 2007-01-22 00:19 | H19 奥桧塚・明神平
<< 蕗の薹取りの次いでに屏風岩 | Top-page | 2007/01/04 新年初山... >>