S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
タグ
(55)
(28)
(22)
(22)
(16)
(16)
(15)
(13)
(10)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
more...
検索
お友達の輪
最新のトラックバック
奥尻島で突風
from 奥尻島で突風、2棟全壊
花言葉事典メルマガ:第2..
from 花言葉事典
コダックのデジカメ
from 僕の欲しい本 欲しいもの
【福寿草】
from イチゴ☆イチエ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
03/11/22 山歩きに目覚めた犬鳴山
大阪府の犬鳴山へ行ってきました

e0050472_1654385.jpg「名勝犬鳴山」の石標があり、そこから七宝滝寺の寺内

e0050472_1902254.jpg参道の紅葉

e0050472_18595724.jpg赤い山門(瑞龍門) 山門をくぐると、犬鳴川の流れを横目に木々の間を縫うように、苔むした低い石垣と細い道がつづく。

e0050472_1904131.jpg鳥居をくぐると広場になっており、奥に二つのお堂が建っている。ここが犬鳴山を代表する七宝滝寺(しっぽうりゅうじ)の中心部?。

e0050472_1915440.jpg本堂の手前を右に上がっていくと車道に出る。車道(近畿自然歩道)を少し歩くと、左手に砂利道の高城山経由で五本松に行けるハイキングコースがある

e0050472_1933160.jpg高城山への尾根道から見た関空方面

e0050472_18272543.jpg高城山の山頂に到着。
山頂からは周りの樹木で視界は利かない

e0050472_18264566.jpg五本松からの遠望

e0050472_18275268.jpg下りのコースが見当たらず、このアスファルト道路を下がる。

e0050472_18271225.jpgいい加減疲れた頃に、国道に出る。此処からバスで犬鳴温泉へ

e0050472_18272071.jpg温泉荘山乃湯 犬鳴山の温泉を掘り当てたのは、ここ「温泉荘」の父子とかで、本当に良いお湯である。
一見喫茶店のような入り口で、設備は一昔前の民宿のお風呂と言う感じだが、浴槽の周りに湯ノ花がこびり付き、やや乳白色の湯がヌンメリとしている。いかにも成分が濃いそうなお湯で、上がるとスベスベする。
店番をしているおばさんが言うには、此処のお湯は源泉架け流しで、日によってお湯の色が透明↔白濁と色が変わるそうな。


アルバムへ>>
[PR]
by loco156 | 2003-11-22 13:38 | H15 犬鳴山
<< 04/03/27 天狗原から栂... | Top-page | 03/8/11~12 富士登山初挑戦 >>