人気ブログランキング |

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
タグ
(55)
(28)
(22)
(22)
(16)
(16)
(15)
(13)
(10)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
more...
検索
お友達の輪
最新のトラックバック
奥尻島で突風
from 奥尻島で突風、2棟全壊
花言葉事典メルマガ:第2..
from 花言葉事典
コダックのデジカメ
from 僕の欲しい本 欲しいもの
【福寿草】
from イチゴ☆イチエ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2008/10/25 地蔵谷から赤ゾレ山
e0050472_2028511.jpg
久しぶりに紅葉狙いで地蔵谷を巡ってきた。
今日は、オデーカン様は所用の為、「あんた一人で遊んどき」との有りがた~ぃお言葉 ヘヘェ~m(__)m。
天気は曇天だが、折角のお言葉には逆らえない。雨の降る前の一仕事、癒しの地蔵谷、出陣である ( ̄― ̄)ニヤリ。
この時期、ブナ林の紅葉が期待出来るし、この所、何かとキノコづいているので、ブナ林にはキノコも出ているかもしれないとの読みも在った。大漁だったらキノコ鍋だぁ~!! ヒッヒッ(^v^)。
e0050472_1058566.gif
≪以下、小画像はクリックで拡大≫
e0050472_2138431.jpg[本日のお疲れ軌跡]
地蔵谷を遡上し赤ゾレ山へ、その後尾根道を地蔵谷へ降るコース。(赤ライン)
何時ものように木梶林道に入ると、最初のゲートが閉まっていていたので、近くに軽トラを停めていた中年夫婦に先の様子を聞いてみるが、ゲートが閉まっているので行っていないとの事だった。
以前にもゲートが閉まっていた事があったので、差し込んである鉄棒に触ってみるとストンと抜け落ちた。
なんだ、開くじゃないかという事で、ゲートを開けて進入。
e0050472_20274646.jpg林道は以前来た時よりも荒れている感じだったので、鳴滝展望駐車スペースに駐車し、処から、地蔵谷出合迄歩く事にする。
e0050472_20304388.jpg地蔵谷入口。さて、右に行くか左に行くか、一瞬迷ったが左の斜面から作業道に出る事にする。
地蔵谷の紅葉は未だ一部だが、緑が美しい。
所処にある紅葉、柔らかい緑、せせらぎの音、大小の滝(小小かも)が、まさに日本庭園を思わす癒し空間だ。(連れに、此れが分らんとは…残念)。e0050472_20312013.jpge0050472_2032446.jpg
e0050472_20333954.jpge0050472_20341872.jpg
e0050472_2034507.jpg地蔵谷の源流の一つが中央の岩から滴り落ちている。此処が流れの始まりの様だ。
この先2m程度の急斜面が登れず、右に数mトラバースすると台高縦走路に飛び出した。
縦走路を少し登ってゆくと赤ゾレ山の山頂だ。
山頂には若い登山者が休憩していた(本日唯一出合った登山者)ので、展望写真を撮った後、赤ゾレ池に降り昼食とする。
e0050472_12592244.jpg

左から「赤ゾレの池」、「向にある塘地」。
この塘地の横で昼食休憩、マッタ~リ、ノンビ~リしていたら、意外と時間が経っているのに気付いて、馬駆ケ場ぐらいまで行くつもりだったのをキャンセル、赤ゾレ山の北東尾根を降る事にする。e0050472_20444681.jpge0050472_20451878.jpg
赤ゾレ山の山頂まで登り帰すのも面倒なので、池の後から、トラバース気味に横切り尾根に向うが、この斜面が良かった!!( ̄ー ̄)v ブイ!。
明るいブナ林の中、柔らかい緑と紅葉の織り成す景色は見事だ。e0050472_20472587.jpge0050472_20475325.jpg
e0050472_2054131.jpge0050472_20524835.jpg
e0050472_20551617.jpg紅葉を楽しみながら斜面を横切って行くと尾根道に出たので、後は尾根道をゆっくり降ってゆく。
お馴染み、1176mピークにある巨大猿の腰掛。今日も元気だ!(お前に分るの?って言われそうだが)。
落葉のプロムナード。左から「尾根道」、「大きな倒木がある広場」。
こんな広場には別荘が似合いそうである。「一丁、建てて見るか」って、誰の土地だぁ!!。e0050472_2056351.jpge0050472_20563139.jpg
e0050472_2058156.jpg落葉をサクサク踏みながら、緩斜面から急斜面を降り、地蔵谷に降り立つ。その後、谷沿いの作業道を辿って木梶川に出る。
川を渡渉して林道を15分程度歩くと駐車場所に到着。
フゥ!!、中々良かった!!           (V^-°)イエイ!。

さて、ザックを車に積もうと肩から下ろしたら、無い!!ヽ(。_゜)ノ へっ?無いぃ~ ヽ(・_・;)ノ ドッヒャー。ザックにくくり付けていたシャツが無くなっていた。

えらいこっちゃ(ーー;)、もう、時間も遅いし、シャツだけなら明日にでも取りに来るかとも思ったが、ポケットに現ナマを入れていたのに気が付いた。現ナマだぁ~!大枚8千円だぁー! (>_<) ( ̄~ ̄;)う~ん??。。取りに戻るしかないか……(;゜゜)。
で、捜査隊出発。てな事で、約1時間半ほど時間ロス。

無事に発見したから良かった物の、無かったらオデーカン様の罵詈雑言が待っていた所だった。(>_<)クワバラクワバラ。
↓今日見つけたキノコで、左は「ヌメリスギタケ」の様で可食と見た。右は(◎_◎;) ??である。e0050472_2121583.jpge0050472_2133570.jpg

無事落し物も見つけたし、期待のキノコも、食べられそうな物をビニール袋一杯採れたしで、ルンルン気分で林道を走る。
林道入口で車から降り、ゲートを開けに行くと、右手に白い看板が眼に入った。
何々?、又 誰か尋ね人か?と思いつつ、表の方を見てみると、「通行禁止」と書いてあった。(;^_^ A フキフキ。
入る時には気が付かなかったが、通行止めなんだ。

by loco156 | 2008-10-26 20:39 | H20 地蔵谷・赤ゾレ山
<< 2008/11/22 既に冬入... | Top-page | 2008/10/11~13 信... >>