人気ブログランキング |

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
タグ
(55)
(28)
(22)
(22)
(16)
(16)
(15)
(13)
(10)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
more...
検索
お友達の輪
最新のトラックバック
奥尻島で突風
from 奥尻島で突風、2棟全壊
花言葉事典メルマガ:第2..
from 花言葉事典
コダックのデジカメ
from 僕の欲しい本 欲しいもの
【福寿草】
from イチゴ☆イチエ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
05/02/27 一度は山上が岳
日本七大霊峰挑戦 第3弾

関西に住む人間としては、一度は大峰山にお参りしなければと思い立ち、
天気もまずまずなので出発。
ルートは、WEBで調べた所、五番関からが最短コースとあったので、国道370号線→169号線→洞川高原線を予定。
家の近所では雪は無かったが、370号線の三茶屋付近で薄く積雪が現れ、若干の不安を感じながら、先へ進む。道には積雪も無く順調に道の駅「杉の湯川上」に到着。これからが山道に突入するが、入口が判らず若干手間取った。
道の駅のすぐ横の道を左に進むとカーブをしながら山の中へ入ってゆく。暫くは薄い積雪だったが、2キロ程行くと積雪が深くなり、私の車ではお腹が擦りどうにも進めなくなった。やむなく、小さな橋のあるところで辛うじて方向転換出来るスペースを見つけ、苦労の末Uターン。一時はどうなる事かと思った。
やはり、山に行くにはアルファでは無理みたい。
このまま、来た道を引返したが、帰り道で、少しの道路の膨らみでも底を擦る。
取あえず家に戻って車屋に電話し調査を依頼。
今回の山雪は、かくして敗退。又の日の再戦を誓う。
(後日談)
車屋から調査結果の連絡があり、車の底が擦れているのは、アンダーカバーが割れた為との事。交換に3~4万だって。高い山行きになった。
ショボン <(_ _)>ガク
e0050472_10584072.jpg
e0050472_10584711.jpg
e0050472_10585432.jpg

by loco156 | 2005-02-28 10:55 | H17 山上が岳
<< 05/03/27 一日に100... | Top-page | 05/02/20 樹氷の山 第... >>