人気ブログランキング |

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
タグ
(55)
(28)
(22)
(22)
(16)
(16)
(15)
(13)
(10)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
more...
検索
お友達の輪
最新のトラックバック
奥尻島で突風
from 奥尻島で突風、2棟全壊
花言葉事典メルマガ:第2..
from 花言葉事典
コダックのデジカメ
from 僕の欲しい本 欲しいもの
【福寿草】
from イチゴ☆イチエ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:H18 福寿草の藤原岳( 1 )
2006/03/10 福寿草の藤原岳 タイムオーバー
前から、藤原岳が福寿草等の花で知られているようなので、果たして期待を裏切らないかどうか登ってみることにした。
お目当ては、福寿草と節分草で、特に福寿草は群生が見事だという話だ。
前日は飲み会で、計画していた時間には起きられず、酒が残っているのか気分も今ひとつで、ウジウジしていたが、天気が良いので誘われるように家を出た。
こんな状態なので、出発時間は、8時半頃と大幅に遅れ、登山口付近に着いたのは既に10時。今日は18時までに帰らないといけないので、行ける所まで行って、場合によっては山頂は諦めの気持ちでスタート。

f0052108_1444189.jpg[今回のルート]
<画面クリックで拡大>
コースは、西藤原駅からの大貝戸コース(表コース)と聖宝寺から入る裏コースがあるが、ガイドブックの紹介では裏コースは結構登りがきついと紹介されていたが、距離が短そうな裏コースをとることにした。

f0052108_1333812.jpg[JAいなべ西藤原支店]10:23
周辺は登山者のための駐車場があちこちに用意されていて、300円払えば終日預かってくれるので停める場所には困らないが、何処にしようかと迷っているとJAの駐車場が目に入った。
何台かの車が止まっていたのでナンバーを見ると他県のもの。どうやら無料らしい。これ幸いと、ここに駐車する。
ラッキー!o(^-^)o こういう時はなんだか無茶苦茶得した気分になる。
f0052108_22392057.jpg
[小美冬桜(こびとざくら)]
<画面クリックで拡大>
JA駐車場の向いの空き地に咲いていた桜。
桜の横に立っている説明文では『私は俗名・小美冬桜(こびとざくら)と申します。今年は9月15日に一輪花びらをつけて未だに咲き続けております。昨年は8月16日~3月25日まで咲き続けておりました ...』分類としては“冬桜”らしい。
<冬桜>
フユザクラは冬と春、2度一重の花をつけます。冬は11月から1月、春は4月。マメザクラとヤマザクラあるいはサトザクラとの雑種いわれています


f0052108_13123799.jpg[鳴谷神社]10:36
裏登山道の登り口がある鳴谷神社。

f0052108_131259100.jpg[鳴谷神社右の聖宝寺道登山口]10:44
この石段を上がると聖宝寺。
聖宝寺の横から、聖宝寺道(裏登山道)を上がる。
ヨー マスクマン!!。
この石段がー 嫌いです はっきり言って。

f0052108_13131816.jpg[裏登山道1合目]11:02
今日は調子が上がらず、以外に時間がかかっている。既に頂上は諦め気分。
山小屋までか?。

f0052108_13134058.jpg[長命水]11:07
軟らかく感じる美味しい水。家から持ってこず、此処で水を補給すればよかった。
f0052108_1314294.jpg[二合目付近]11:32
すでに、かなりヘバッテ来ている。
ピッチが上がらない。
f0052108_17525173.jpg[三合目]11:42
広く休憩に良い。
下山してきたおじさん(ドロだらけだった)に話を聞くと、福寿草は五合目ぐらいから見え出すが、道は雪解けでぬかるんでいるとの事。
忘れていたスパッツを付ける。
[六合目前の福寿草]12:17
福を呼ぶ福寿草。
この辺から福寿草がチラホラ見え出す。<画面クリックで拡大>f0052108_22333118.jpgf0052108_22342324.jpg

f0052108_131639100.jpg[六合目]12:24
平坦な所で、休憩には丁度良さそう。
花は見られなかった。
連れは休みたかったようですが、此処は心を鬼にして先へ進む。
(単に、時間に急かされていただけですけどね)

f0052108_1317714.jpg[七合目]12:35
七合目の手前から残雪を歩く。
ネットの情報では、向かいの斜面には福寿草がたくさん咲くとの事だが、今日は未だ時期が早いのか花は見られなかった。
七合目の標識も未だ雪に埋もれている。

f0052108_13173274.jpg[八合目]13:00
ここで裏登山道と表登山道に分かれる。又 登りも夏道と冬道に分かれる。
連れがかなりバテているので、此処で昼食休憩とする。
此処は、表道と裏道の分岐となっているので、登る人と下る人が結構行き交い、休憩している人もチラホラ見かける。
連れも食事をすると元気回復。(おぃおぃ シャリバテかよ)。
f0052108_22422026.jpg[セリバオーレン(芹葉黄連)]
<画面クリックで拡大>
休憩していると、下ってきた人が、「セリバオーレンや」と言って写真を撮っているので、見に行くと小さな花が。
目と鼻の先にあったのに気が付いていなかったので、言われなかったらきっと踏んづけていた。危ない危ない。
しかし、小さな花なのでデジカメで撮るのは難しい。
どうやってもピントが合いましぇ~ん。<(`^´)>

f0052108_14462524.jpg[冬道 九合目手前]13:51
八合目から冬道を登るが、急斜面に雪がまばらな為、雪を外すと足が滑って非常に登り難い。やっとの事で樹林帯を抜けると、目の前がパーッと開け、此処からの景色はなかなか。
ガレ場の上に残雪が被さっているので登れるが、雪が無かったら無理かも。(だから、冬道だって)

f0052108_14465047.jpg13:54
石灰岩の間から、顔を見せる福寿草。
この辺りはかなり咲いていた。
f0052108_14491088.jpg14:21
最後の一登り。

f0052108_14492959.jpg[藤原山荘]14:24
藤原山荘に到着。
時間が遅かったのか思った程人おらずノンビリと辺りを探索。
周りにはまだまだ雪が残っており、福寿草が雪が融けた後に、あちこち咲いている。
視線を上げると残雪の展望丘が迫るが、頂上からは伊勢湾はじめ周囲の山々の展望を楽むことができるらしいが片道25分との事なので、今日のところはタイムオーバー、諦めることにする。

[山小屋の周りに咲く福寿草]
天狗岩方面には見事な福寿草の群生があるらしいが、これもタイムオーバー! 諦める。  <↓ 画面クリックで拡大>f0052108_22472981.jpgf0052108_2121436.jpg
f0052108_22501730.jpgf0052108_2251691.jpg
f0052108_22524397.jpgf0052108_22532688.jpg

f0052108_14525421.jpg[藤原岳の山頂(展望丘)]
<画面クリックで拡大>
藤原岳山頂の標高は1120mとの記事が多いが、国土地理院の地図では、展望丘は1140m、天狗岩は1170m。いったい藤原岳1120mとは何処?。(@_@;)

[山荘裏ピークの展望]15:00
<↓画面クリックで拡大> 
f0052108_1454787.jpg

f0052108_14554172.jpg[五合目(表道)]15:40
九合目の冬道(雪道)を八合目を目指して調子よく下がった(例によって怒涛の下り)が、気が付くと見慣れない道に出てしまった(足跡を目印に、右寄りに下がったのが間違いらしい)。
下ってきた人にたずねると、此処は表道とのこと、又 やってもた!! 八合目、七合目を通り過ぎてしまったらしい。
まぁ 結果オーラィって事で ○。
連れ: (ちゃうやろ!! <(`^´)>カッチ━━━(-`ω´-怒)━━━ン!!  さっきも言うた所やろ。ホンマに!!)

表道は、八合目以下は樹林帯をジグザグ付いている道のようで、裏道よりかなり楽に思われた。
この辺は、例によって快調に下山。

f0052108_1456962.jpg[四合目(表道)]15:45
若干膝に来ているが、快調な下り。(*^^)vイェー

f0052108_1457185.jpg[三合目(表道)]15:51
この辺からコリー犬を連れた人と前後しながら下る。

f0052108_14573461.jpg[二合目(表道)]15:57
この辺りにお地蔵さんがあるらしいが、犬に気が取られ、気付かず通過。
f0052108_14583160.jpg[神武神社]16:06
無事下山。(^。^)y-.。o○
今日は時間に急かされた所へ、結構な残雪と雪解け道で滑ったりした為かかなり疲れた(途中で足がつった)が、無事下山できたのは何よりだった。

f0052108_14584999.jpg[表登山道休憩所]16:08
ここの駐車場は無料。
小屋もまだ新しいが、どう言う訳かトイレは使えなかった。

車の置いてあるJAの駐車場まであと600mあると言うと。
連は「ナヌー!! Σ(゚Д゚)ガーン。 わたしゃ一歩もあるかんでぇ。チャッチャト車取ってきぃ!」と来たもんだ。
ヘイヘイ 仰せの通りに オデーカンさま _(_^_)_ ヘヘー


by loco156 | 2006-03-10 14:00 | H18 福寿草の藤原岳
| Top-page |