人気ブログランキング |

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
タグ
(55)
(28)
(22)
(22)
(16)
(16)
(15)
(13)
(10)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
more...
検索
お友達の輪
最新のトラックバック
奥尻島で突風
from 奥尻島で突風、2棟全壊
花言葉事典メルマガ:第2..
from 花言葉事典
コダックのデジカメ
from 僕の欲しい本 欲しいもの
【福寿草】
from イチゴ☆イチエ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:H20 三峰山(再)( 1 )
2008/02/24 満を持して雪の三峰山
春未だ、雪雲漂う三峰山
e0050472_2094724.jpg

2月末の連休だが、天候は芳しくない。
当初、綿向山に出陣じゃ!と考えていたが、直前の天気予報で滋賀県、奈良県は土日共曇りで、天気図を見ると低気圧が二つも日本列島を横切り、北風が強そうな配置である(でも、三重県中部は曇り後晴れ、何で?)。

雪が降る中、ましてや吹雪の中なんぞに突入したくはないわぃ ケッ! と諦めていたが、日曜日の朝、遅い時間に起きて外を見てみると、お天等様が☆キラリ☆  w(°o°)w おおっ!!。
ムムムゥ コリャいけるでと連れにお伺いを立てる。
オデーカン様、お天気が宜しい様で (^^)_スリスリ~~。
「風邪気味でしんどい。一人で行っといで」とのたまわれた。
ヘヘェー!! それではお言葉に甘えまして~、ダッシュ!。 
気の変らぬ内に家を飛び出す。

行く先は三峰山、家の辺が晴れなら近くの三峰山は晴れる可能性が高いとの目論見と、1月に行った時は雪が薄っすらとしか付いておらず期待外れに終わったので、雪タップリの三峰山は外せないとの思いである。
R368を御杖村に向って急ぐが、路面に雪は無く、無論凍結も無し。
途中で見える三峰山は、雪が白く被っているかと思っていたが、山頂辺りも白くではなく鼠色。如何なんだ?。雪は? (;´_`)。
登山口のあるみつえ青少年旅行村のゲートには9時半ごろに到着した。
駐車場には既に20台程の車が止まっており、この時期の人気の高さを再認識する。

雪の状態はと見てみると、駐車場は薄い雪に覆われ一部凍結、登山口へ向う林道はまずまずの雪がある ( ̄― ̄)ニヤリ。
この分では上に登る毎に積雪が増える予感。(≧ ≦)Ω ヨッシャ!。


≪以下の画像は全てクリックで拡大します≫
e0050472_20281728.jpg[本日の軌跡]
登山口~休憩所~避難小屋~三畝峠~山頂~八丁平~三畝峠~登り尾峰~新道峠~登山口~ケヤキ谷橋~みつえ青少年旅行村の周回コースである。
e0050472_20305587.jpg<9:52>
橋の袂に怪しい一団?。
ではありません。御杖村の方々で、霧氷祭りの抽選受付をされていた。お寒い中、ご苦労様です。
こう言うの、当らんのだわ。
日頃の行いか?  ( ´△`) アァ-。
e0050472_20313325.jpg[登尾コース登山口]<9:58>
橋を渡り、杉の植林地をジグザグに高度を上げながら登って行く。
面白くないんだわ、此れが。
雪は徐々に厚くなるが、アイゼンを付ける程でもない。
e0050472_2032271.jpg尾根筋に合流すると、木造の休憩小屋が目の前に建っている。入口で2人程がアイゼンを付けているが、もう少しアイゼン無しで登ってみる事にする。
e0050472_20321675.jpg<10:16>
休憩小屋の前にある階段が、雪に埋もれて急斜面と成っているため、注意を要する。
こんな所で滑落は頂けない。
雪の尾根道を少し登ると、左側に視界が開け、御杖村の町が、その先には倶留尊山の山並みが見える。
この辺りから、風の音が強くなり、先行き若干不安である。
嫌だぜぃ 吹雪の中を徘徊するのは ( ̄~ ̄;)う~ん??
e0050472_20323697.jpg[山頂迄1600mの標識]<10:51>
もう少しで避難小屋である。積雪は思ったより増えていない。
e0050472_2032515.jpg[お地蔵さん]<10:56>
バンダナの色が少し褪せてきたか?。
e0050472_20331085.jpg[避難小屋下]<11:04>
避難小屋の手前辺りから急速に積雪量が増え、吹き溜まりでは靴が潜り込む。
小屋で一服していると、若い2人連れが入って来たので、見るとも無く見ていると、オ~オッ! スノーシュー!!。
しかも、ライトニング・アッセント。1セット4万何がし、2セットでは8万何がし…ムゥー。お主やるな!。
年金の通知を見てガッカリした身の上では我慢か!! (-_-;)。
しかし、ほ…ほすぃ~!! (;´_`)。

e0050472_20334361.jpg<11:28>
避難小屋でアイゼンを付けるが、一度に足が重くなった感じである。
別に、スノーシューを見たからではないと思うが?。
登山道の雪は十分である。此処からが雪歩き本番で、樹氷が目を楽しませる。
e0050472_2034838.jpg[三畝峠出合]<11:29>
尾根に出ると、積雪は更に深くなると共に、今迄は音だけだった風が、もろに吹付けてくる。
上着はパタゴニアのR4だったが、フードが無く、表面の起毛に細かい雪が付着するので、パーカーを取り出して被る事にした。
イヤー! 顔が寒かった (ーー;)。皮が薄いもんで。
所で、樹氷はどんなだったかって?。聞いておくれでないよ。
寒いわ、足が重いわで、下ばっか見てた。
何しに来てるんやら?? (-_-;)。
e0050472_20344193.jpg[御岳ビューポイント(但し年に数回)]
この天候で御岳が見えるはずも無く、強風に晒されながらヨタヨタと辿る身には、この木立の切れ目は風の通り道となり寒さが余計に堪える。
雪が降っていないだけ未だましか?。
e0050472_20351658.jpg[三峰山山頂 (みうねやま/1235m)]<11:44>
樹氷のトンネルを抜けると、視界が開けた山頂に飛び出る。
あいにくのお天気で、遠望は利かないが、倶留尊山や大洞山などの室生の山々が見渡せた。
山頂には2人連れ一組と単独行の1人だけで、思っていたより人が少なかった。皆、通り過ぎた後?。ヤッパリ、遅すぎるのか?。

[八丁平]<11:52>
山頂から八丁平への斜面はかなりの積雪で、所によっては60~70cm有りそうで、さすが壷足ではルートを外す気にも成らなかった。スノーシューがあればなぁ~ ( ̄~ ̄;)う~ん??。。。。
e0050472_23261331.jpg

e0050472_20355659.jpg八丁平を徘徊するおばさん(御姉さん?)3人組。
天から後光が射してますよォ~。お迎えかもねぇ~。
e0050472_20361470.jpg[八丁平のシンボル?]<12:01>
皆さんが必ず撮る八丁平のシンボル。ツツジだそうだ。
むかいのピークにでも登ってみるかと行きかけたが、少し登った所で強風に襲われるは、雪なのか氷粒なのかが飛んできてピシピシと顔に当たり、寒い、冷たい、痛いの三拍子。
キャインキャインと尻尾を巻いて転げ降りるように、林の中に逃げ込んだ。
e0050472_20371735.jpg林の中でホット一息付いていると、近くの木に小鳥が何か啄ばんでいる。
ちょこまかと動くので、中々旨く撮れない。
チョット、じっとしとれ! <(`^´)>。っても 無理か。
e0050472_20373764.jpg<12:18>
三畝峠迄下ってくると、登尾コースから団体が登ってきた。
今から登って来るとは、遅いお着きで?。
e0050472_2038156.jpg三畝峠から新道峠に至る尾根道は、通る人も若干少ないのか積雪も深く、踏み後を辿るが、所々ではズボッと足が潜り込んで歩きにくい。
スノーシューがあればなぁ~!。(此ればっかりである)。
e0050472_2038322.jpg一瞬、太陽が顔を出し、林が明るく輝いた。
そう言えば、午後から晴れの予報だったが、この一瞬の事?。
e0050472_203942.jpg<12:56>
雪に足を取られながら樹氷の林間を、エッサ、ホイサと辿ってゆくと、程なく新道峠に到着。
本日のメインは此処まで。
後は、谷を降るだけである。
樹氷を見ながら歩いている為か、三畝峠から新道峠迄の間が前回より短く感じた。
e0050472_20443329.jpg谷筋にも結構な積雪があったが、下るごとに積雪が減ってゆく。
植林帯に入ってもそこそこ雪が有るので、所々で登山道をショートカットして距離を稼ぐ。
新道峠から、前方におじさん(お爺さん?)が歩いており、得意の怒涛の降りで、一度背後迄迫ったが、その後は どんどん離された。
簡易アイゼンで飛ぶように降りてゆく。ヒェー!!である。
元気な人もいるもんだ (_ _,)/~~ マイッタ!。
e0050472_2045103.jpg[新道ルート登口]<13:16>
先行するおじさん(お爺さん:如何見てもかなり年上に見えた)を追いかけた形で、オーバーペース。
ヨレヨレになって、やっと登山口に下り付いた。
フゥー やれやれ、慣れんことはするもんじゃない。
此処からは、なが~い林道である。(--〆)
e0050472_20453866.jpg[林道]
とても長い・嫌になるくらい・やっぱり嫌になった!(^^;;; 
e0050472_20461152.jpg<13:48>
アイゼンを付けたまま、なが~い林道をフラフラと歩き、ゲンナリする頃やっとみつえ青少年旅行村の事務所前に到着。
フゥー!! やっと飯が食える \(^o^)/。腹減った!!。

そう言えば、出発時に「樹氷祭りで抽選会がありますよ、コーヒーの無料サービスもやってますよ」と言っていたのを思い出した。
まぁ当ってないわな、と思ってみるものの、行ってみる。諦めが悪いんである。
会場らしい所に行くと、入口に当選者の名前を書いた紙が張ってあるが、やっぱりである(結構ガッカリしていたりして (/_;) )。
仕方がないので無料のコーヒーを頂く。
ヒョイと横を見ると隣の机にタオルがたくさん置いてあり、来た人に渡している。
どうも、樹氷祭りのサービスの一環のようなのでおねだりしてみると、「どうぞ。姫石の湯の割引券もどうぞ」とのこと。
ありがたく頂く。ウフッ ラッキー!! (^_-)-☆。
e0050472_20462976.jpg
GETしたタオル。
有難うございました m(__)m
後でネットで調べると、今年の樹氷祭りは2月24日迄との事で、丁度最終日。で タオル贈呈か?。
ムフフ 今年は縁起が良いかも ( ̄― ̄)ニヤリ。
e0050472_20465999.jpg[ゲート前駐車場]<12:26>
まだ駐車中の車がたくさん残っている。

今日は、青空をバックにした樹氷を期待したが残念ながら外れた。でも、思いがけずタオルとコーヒ、姫石の湯割引券をGET。
中々良い山遊びだった。(^。^)y-.。o○。
ムゥー どうも物に釣られるなぁ。反省!!(ーー;)。

夜、夕食後にネットを色々見ていると、スノーシューが目に留まった。
50%OFFとあったので、ついポチっと押してしまった。
(押してから連れの顔が…モヤ~、(^_^メ) ピクピク)。
使ってみる必要があるが、適応体重が30~75kgと少し不足しているように思われるので、連れ用ということにしよう。

しかし、翌々日に同じ所を見てみると「売り切れ」と表示されている。
他も色々当たったが、多少割引している所は殆ど「売り切れ」で、結局1台しか手に入らなかった。
中々人気があるのか、はたまた、買う方が目ざといのか? (?_?)。
でも 1setではなぁ~ ( ̄~ ̄;)う~ん??。。。。
by loco156 | 2008-02-24 20:52 | H20 三峰山(再)
| Top-page |