人気ブログランキング |

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
タグ
(55)
(28)
(22)
(22)
(16)
(16)
(15)
(13)
(10)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
more...
検索
お友達の輪
最新のトラックバック
奥尻島で突風
from 奥尻島で突風、2棟全壊
花言葉事典メルマガ:第2..
from 花言葉事典
コダックのデジカメ
from 僕の欲しい本 欲しいもの
【福寿草】
from イチゴ☆イチエ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧
05/10/30 女人大峯 稲村が岳の秋色
10月中旬ころから、紅葉情報が彼方此方で聞かれるようになり、何処かに行きたくて気もそぞろ。でも 休みと天候が一致しなくて、やっと 今日は昼から晴れるとの天気予報を聞いて、稲村が岳へ。
家を7時に出発、母公堂の登り口到着が、8時50分。隣の県なのに意外と時間がかかるんだわ これが。
この頃には、母公堂前の駐車場は既に一杯で少し上の路肩に駐車、準備をしている間に、前後も車で埋まり、かなり 人気のある山のようです。
急いで準備をして9時に出発。さて どんな秋色が見れるのかな? ワクワク!!。
[本日のコース]
e0041518_923419.jpg

[母公堂]                      [登山口]
役行者の母親を祭っている           母公堂から少し下がった所
e0041518_11193810.jpge0041518_11182498.jpg
[山上ノ辻付近の黄葉]              [稲村小屋]
植林地帯を過ぎると、                此処から先は食事禁止
ブナやカエデの黄葉が                なので、早めの昼食。
朝日に輝いています          e0041518_11184142.jpge0041518_11202393.jpg
[大日キレット]              [大日山]
有名な、大日山と稲村が岳とのキレット(溝)と大日山。e0041518_11212592.jpge0041518_11242673.jpg
[稲村ヶ岳山頂](1726m)          [山頂展望台]
山頂の三角点、この横に展望台があり、登れば視界360%!!。
                            バックは山上が岳e0041518_15565812.jpge0041518_11304677.jpg
[大普賢岳から行者還岳]            [弥山と八経ヶ岳]e0041518_11301394.jpge0041518_1539423.jpg
[大日山への登り]               [大日山山頂](1689m)
登山道は高所恐怖症の人                 大日如来の祠
にはちょっときついかも。e0041518_11305575.jpge0041518_15375076.jpg
[大日山途中から見たキレットの黄葉]
景色は素晴らしいが、足を滑らせば一巻の終わり (@_@;) ビビッタ!!
e0041518_1535268.jpg

[山上が辻付近の黄葉]        
右へ行けば蓮華辻、左へは洞川
e0041518_11331926.jpge0041518_11333582.jpg
[法力峠]                      [下山]
行きしなは逆光だったので改めて          人里に下りてきたので
                               とりあえず身だしなみ だって。e0041518_11352056.jpge0041518_1134012.jpg
by loco156 | 2005-10-30 16:29 | H17 稲村ヶ岳
05/10/8/~9 木曽のなぁ~♪♪ 初秋の御嶽山
富士山・白山・大山・大和大嶺山・大和釈迦嶽に続いて、霊峰第6弾、御嶽山に挑戦。
御嶽山(標高3,067m)は長野県と岐阜県にまたがってそびえる独立峰の活火山で、古来から人々の信仰を集める信仰の山としても有名。

前日(10月8日)昼神温泉に1泊して、翌日御嶽山を登る予定だが、出発前の天気予報では8日・9日は曇り所によっては雨、10日は曇り後晴れとなっており、登山は難しいかなと思いつつ出発。
8日は天気予報通り雨となり登山は諦めていたが、翌日の朝一に天気予報を見ると「晴れ!!」。でも外は曇り???。どうすべ~ ( 一一)
取あえず御岳に向かい走り出すと、途中から晴れだして、登山口に着く頃には「どピカーン!!!」、御嶽山が目前に「ドーン!!」  \(^o^)/。
曇りで出発にぐずぐずしていた(温泉んの朝市に行ったりして)ので、着いたのは10時半。しまった もっと早くでるべきだったと後悔。今から上がると降りてくるのが夕方になるので、天候が持つのか心配でしたが、この天気では登らないわけには行きません。結局11時半にスタート


[本日のコース]
最も短時間で登れる田の原コース。登山口の鳥居からほぼ一直線に頂上にアプローチ。
e0041518_22594114.jpg

目前の御嶽山。ちょっと紅葉(黄葉?)をあしらってみました。
e0041518_22351752.jpg

スタート地点の鳥居(2180m)
しばらくは平坦な砂利道が延びている。e0041518_22491389.jpge0041518_22492646.jpg
土肌が露出したあかっぱげ(2380m)
振り返ると田ノ原方面が眼下に広がっている。
e0041518_2304599.jpge0041518_2250815.jpg
左:雲と稜線、右:[金剛童子](2475m)
このあたりで森林限界を迎え展望が非常に良くなる。
金剛童子辺りは、素晴らしい展望が広がり、絶好の休憩ポイントだ。e0041518_234473.jpge0041518_2341998.jpg
王滝頂上の鳥居(2936m)
やって来ました御岳山頂  やったぁ!!(^▽^)V。       e0041518_2384651.jpge0041518_2381385.jpg
っと思ったが、社務所を過ぎると目前にこの景色が広がってました。エェ!! 未だあんのかよ? (@_@;)。

剣ヶ峰と御岳神社奥社本宮 (まるで天空の城ラピュタです)
e0041518_23125545.jpg

八丁だるみの大御神火祭場を越えてぇ~、、頂上直下の階段 82段をこなしてぇ~、、 (´ヘ`;) ハァ
やっと頂上らしい、、、、(>_<)。e0041518_23143771.jpge0041518_23135112.jpg
山頂3067mに やっと 到達 ふぅ~ へ(×_×;)へ ヘニョヘニョ

目の前には、見て! この絶景!! \( ^o^ )/ ヤ ッター♪。            
e0041518_23151565.jpg

「雲海」と「二ノ池」e0041518_23165338.jpge0041518_23172425.jpg
「一ノ池(涸れ池)」と「社務所の裏から見た地獄谷」
地獄谷は、絶壁から乗り出して撮った写真です。判り難いですが、足が震えました (>_<)。e0041518_23181071.jpge0041518_23192222.jpg

山頂からの展望をひと時味わい、15時35分に下山開始。途中から日暮れが忍び寄ってきたので大急ぎで下山。拝礼所に寄ってから登山口に到着したのは17時10分。一日晴天だった天気に感謝。
駐車場には数組の宿泊組が明日の登山準備やテントの準備を行っていました。明日も晴れると良いのにと祈りつつ、さぁ~!! 温泉だ!!。って 周りは既に夕闇。さてどうする?。
by loco156 | 2005-10-08 16:15 | H17 御嶽山
05/10/01 初秋の行者還岳
来週(10月7日~9日)予定の御嶽山登山に向けて、足慣らしに 大峯山系第5弾 行者還岳を登る。
山名の由来は、役行者があまりの峻険さに登ることを断念して引き返したことから来ているらしい。(役行者って 空も飛べたんじゃなかったっけ?。←つっこんでみました。関西人ですので。)

天気は上々、気分も上々! R169~行者還林道を快走していたら、なんと前輪タイヤがパンク。 ドヒャー  不吉!!。 (;一_一)

取あえずテンパータイヤに付替えて行者還トンネル西口へ急ぐ。到着は予定の1時間送れ。幸先が良くないが取あえず登る事に。
今回のコースは、以前登った弥山・八経ヶ岳と同じ行者還トンネル西口の登山口から登り、奥駆道に出た所で反対方向に進む。
[本日のコース]
e0041518_9274893.jpg


左:パンクしたアルファ君 右:行者還トンネル西登山口e0041518_21593191.jpge0041518_2159481.jpg

左:特徴のある三角形の木橋 右:やはりきつい奥駆道までの登りe0041518_2214514.jpge0041518_222044.jpg
左:木のオブジェ 右:奥駈道出合…今回はこちらですe0041518_2222141.jpge0041518_2223992.jpg
左:巨岩 右:古い標識…左:弥山3.5km、右:大普賢9.1kme0041518_2233819.jpge0041518_2242113.jpg
左:爽快な疎林と笹原 右:一ノ垰の壊れた避難小屋e0041518_2264331.jpge0041518_227213.jpg
[大台ガ原方面の展望] 絶景\(^o^)/。
e0041518_239386.jpg

左:行者還小屋…新しく立派な小屋です。後に鋭い岩峰の行者還岳
右:ガレ場にかかるハシゴ…此処からが本番です
e0041518_22343059.jpge0041518_22344369.jpg
左:奥駆道との合流…ガレ場を過ぎると奥駆道に合流
右:行者還岳ピーク(1546.2m)…山頂に立つ錫杖。山頂は雑木が茂り展望は無し。e0041518_22351133.jpge0041518_22353537.jpg

急いで往復したのと登る前に展望が無いと聞いていた為気が付かなかったが、帰ってネットを見てみると南端から展望が開けていると書いてある。残念!!。又 来なあかんがな クソー!!。
西口へのショートカット…かなり急な道(でも早い)e0041518_2235271.jpge0041518_22354295.jpg
左:登山口のすぐ横に出る 右:トンネル西口…無事下山 ヽ(^o^)丿   e0041518_2236844.jpge0041518_22362799.jpg
出会った茸と花々…旨そぅ~。でもなぁ~ 勇気無いわ。
e0041518_22372651.jpge0041518_2237432.jpg
e0041518_2238313.jpge0041518_2252716.jpg
e0041518_2253877.jpge0041518_22532077.jpg
e0041518_22535515.jpge0041518_22541376.jpg
e0041518_22542969.jpge0041518_2254542.jpg
e0041518_22574590.jpg

by loco156 | 2005-10-01 16:03 | H17 行者還岳
| Top-page |