人気ブログランキング |

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
タグ
(55)
(28)
(22)
(22)
(16)
(16)
(15)
(13)
(10)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
more...
検索
お友達の輪
最新のトラックバック
奥尻島で突風
from 奥尻島で突風、2棟全壊
花言葉事典メルマガ:第2..
from 花言葉事典
コダックのデジカメ
from 僕の欲しい本 欲しいもの
【福寿草】
from イチゴ☆イチエ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧
2011/10/8~9 初秋の南八っ、爺さん2人旅 そのⅠ
”ド”の付く、直登道!!。
e0050472_2213338.jpg
2年前の秋に、会社の長老S氏と西穂に登りに行ったが、ピラミッド・ピークで涙の敗退となった経過があった。

それ以降、折に触れて山行きコールがあり、昨年は御岳を計画したものの天候が良くなくて断念。
今年は、本人の希望もあり、久しぶりに八ヶ岳の赤岳を目指すことになった。
(同じ別荘地の住人に、「赤岳ぐらいは、、」と言われ、内心ジクジクたる思いがあったようだ)

スケジュールだが、おじん2人組ならではのマッタリ予定。
1日目は南沢から文三郎道を経て赤岳へ登り、山頂小屋で1泊、翌日に横岳から硫黄岳を経て北沢を辿る、赤岳最短の定番コースとした。

前日の10月7日、会社から帰ると飯も食わずに家を飛び出し、一路茅野のS氏邸を目指す。約4~5時間の行程だ。

途中、コンビニで買ったサンドイッチで夕食とし、途中休憩1度で走り抜き、S邸前に午前1時に到着した。
S氏の車に乗り換えて、別荘を出たのが2時少し前だった。

真っ暗な道を美濃戸に向かって走って行くが、美濃戸口からは未舗装の悪路、初めて走るS氏はかなり緊張したようだった。
別荘から40分程度で美濃戸の赤岳山荘駐車場に到着。
駐車場は既にかなりの車が停まっていたが、まだ余裕はありそうだった。

此処で、6時過ぎ迄仮眠することにしたが、どう言う訳か小一時間程で目が覚めた。
何か落ち着かなくて、座席でゴソゴソしていたが、突然 頭に閃きが走った。

(°д°;;) ナント!、、靴忘れてきた! (>▲<;)ゲェェ・・。

S氏の別荘で車を乗り換えた時だ! (;^_^ A フキフキ。
さて、如何する、、、おいら!。

仕方なく、眠りこけているS氏を起こして、取りに帰ることになった。

赤岳山荘のご主人に訳を話したら、「三井の森往復なら1時間程度だから、未だ駐車場に空きがあると思うよ、早く行くに越した事はないけどね」との事。
急いで、S氏の別荘に引き返し、Uターンして来ると既に5時前。
林道は早い登山者が既に歩き始めていた。

駐車場は、空きが埋まるかと危惧したが、無事に元の位置に駐車出来た。
フゥー!! やれやれ。どうも先が思いやられる ( ̄~ ̄;)ウーン。

二日目は-> -> -> -> -> こちら ( ^^) _→
e0050472_2141578.gif


続きを見たい、奇特な方はこちら⇒⇒
by loco156 | 2011-10-25 22:43 | H23.10 S氏と南八ヶ岳縦走
2011/10/8~9 初秋の南八っ、爺さん2人旅 そのⅡ
Top On The Top!
e0050472_15521649.jpg

朝食が5時半に割り当てられていたので、5時過ぎに起床。
天候やら展望やら、、時間潰しに辺りをウロウロ。

ふと、食堂の入口を見ると、S氏が既に並んでいる、、、て言うか、「待て」をされた状態、今にも突撃しそうである。(何せ、S氏は気が短いのだ、、、(;一_一))。

今日のご来光は5時45分頃らしいので、チャッチャと朝飯を食べてスタンバるつもり、、、だが、S氏はあまり興味が無いのか、「コーヒーを入れよう」と炊事部屋へ、のんびりとコーヒーを入れだした。
こちとら、気が気じゃない (-"-)ので、S氏を放っておいて赤岳山頂へ向かう。

山頂周辺は、ご来光狙いの人たちが、東を向いて鈴なりだ。
何時見ても異常な景色ではありますなぁ ( ̄ヘ ̄)ウーン。

e0050472_2243329.jpg

東の空が赤く染まりだすと、富士山も雲海に浮かびあがる。
その内、「時間ですよぉ~」てな具合で太陽が顔をのぞかせると、一斉に「オォー!」と、どよめきが起きた。
ニホン の アサー !!
e0050472_22392178.jpg

一日目は-> -> -> -> -> こちら  ( ^^) _→
e0050472_1737563.gif


続きを見たい、奇特な方はこちら⇒⇒
by loco156 | 2011-10-25 21:14 | H23.10 S氏と南八ヶ岳縦走
2011/10/02 秋だ! 台高、木梶・木屋谷様子見
千秋林道 通行止め!
e0050472_1705925.jpg

先日の台風12号で千秋林道がかなり被害を受けたらしい。
ネットで「つづ田原橋」が崩落したとの情報もあり、先日は此れを避けて迷い岳に回った経過があった。
しかし、何時までも回避するのは、日頃お世話になっている身とあれば、「ちょっと薄情じゃない!」との批判、、、は無いが、まぁ そんな気持ちだった。

10月に入り、台風一過で秋が身近に感じると、途端に行く気になった。
10月1日早朝、オデーカン様を起こさぬようにと、抜き足差し足で家を出て、一路飯高に向う。
天候は曇りで、所々雲の切れ間から青空が見えており、安心していたが、木津辺りからポッと雨が降り出し、高見トンネル手前では本格的な降りに変ってしまった。
そう無理する事は無い。明日があるさ明日がある♪。で トットと引き返した。

翌2日、引き止める手を振り切って、、、(オデーカン様…「誰もとめとりゃせんがね」、、つめた!(ーー;))再挑戦をと出かけた。

予定通り、千秋林道に入っていったが、数百m行った所で通行止めの看板が立てられていた。
取り敢えず、此処の広場に車を置いて偵察に出かけたが、少し先の作業道分岐あたりから道の補修がなされている雰囲気。
昨日の雨によって泥でジュルジュルの所があり~の、情報でも倒木があり~の、橋の崩落があり~ので、マナコ谷登山口まででもかなり時間が掛かりそうだ。

又々、この際、無理をして行くことはあるまいと 千秋林道は諦め、木梶林道から攻めてみようと心変わり(秋の空ですな~ぁ)。
速攻で来た道を戻り、木梶林道に向った。
e0050472_13183197.gif


続きは此方っす -> -> ->
by loco156 | 2011-10-03 22:54 | H23.10 秋の木梶・木屋谷
| Top-page |