人気ブログランキング |

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
タグ
(55)
(28)
(22)
(22)
(16)
(16)
(15)
(13)
(10)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
more...
検索
お友達の輪
最新のトラックバック
奥尻島で突風
from 奥尻島で突風、2棟全壊
花言葉事典メルマガ:第2..
from 花言葉事典
コダックのデジカメ
from 僕の欲しい本 欲しいもの
【福寿草】
from イチゴ☆イチエ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧
2012年10月 息子夫婦と錦秋の信濃路に遊ぶ
穂高連峰、、、( ̄。 ̄;) イイナァ~
e0050472_10122482.jpg

この、10月20日~21日の土日に、、、
今年5月に結婚した息子夫婦と、北横岳から上高地を回ってきた

最初は、9月の初めに行きたいとの希望に沿って計画したが、、
息子の休日出勤でドタキャンされた まっ 仕事だから ┐(-。-;)┌

この為に、会社の保養所を手当てしたのが無駄に為りそうだったので
利用時期を1カ月延期しておいたが、此れが功を奏した

後日、息子より10月末なら行けるとの連絡、再度仕切り直しだ

まぁ、上高地の秋は10月末~11月初がベストなので正解だろう (^ー^)v
e0050472_1003432.gif

e0050472_1039522.gif
【10月20日 北横岳&茅野市内散策】
e0050472_1040962.gif

朝6時に家を出て、待ち合わせの茅野駅に10時直前に到着
今日は、北横岳に登って(無論ロープウエー利用)、、、
その後は、以前から行って見たかった茅野郊外の不思議な建物群へ行く予定
心配した天気は、少し風が有るものの、良さそうだ、、、
北横岳の展望が期待出来る (o^-^o) ウヒッ

[坪庭・北横岳]
ロープウエーで上がって行くと、登る程に落葉が進んでいる
e0050472_11283698.jpg

標高が高い為か、坪庭の紅葉も終盤を迎えていた
e0050472_21214319.jpg

北横岳南峰迄来ると、、、雲に覆われ展望がない
その上、結構風も強くて冷たいが、せっかくなので北峰にも寄って行く
e0050472_11282392.jpg

たった数分なのに、北峰に着くと、見る見る雲が取れて快晴になった
息子の喜びのジャンプ、、、って 嫁にやらされてる感あり (^u^)プププ
e0050472_11285221.jpg

これが、山頂の360度展望、、、雲が取れるのもあと一息か?


先週登った蓼科山ももう少しで雲が取れる
e0050472_11284118.jpg

12時から登り始めて、ほぼ予定の15時に帰って来た、、、
天候が晴れと曇りがコロコロ変わり、安定しなかったが無事歩く事が出来た


ロープウエーから降ってくると、未だ時間が有ったので、
茅野郊外の不思議な建物群を見に行く

場所は、諏訪神社上社近くで、
地元出身の建築家藤森照信さんの奇想天外な建築が3つ見られる

[神長官守矢史料館]
守矢家は諏訪大明神以前からの土着の神、
いわゆる現人神で、現在76代目だそうです、、、詳細はこちらのHPで
史料館は、その資料を保管展示する為に建てられたもので
屋根を突き抜けるイチイの木は御柱の象徴か?
e0050472_2056248.jpg

[茶室「空飛ぶ泥舟」]
畑の中に、忽然と現れる、、、まるでUFOみたいだ、、、詳細はこちらのHPで
e0050472_11284462.jpg

[茶室「高過庵」]
空飛ぶ泥船の少し後ろに建てられている
米タイム紙の「世界で最も危険な建物トップ10」に選出されたらしい
詳細は此方のBlogや、こちらのHP
生木の上に作られたらしいが、此処でお茶会って、、、(^◇^ ;) ほぇ~
e0050472_11284853.jpg


e0050472_1039522.gif
【10月21日 上高地周遊】
e0050472_1040962.gif

朝、コテージのテラスから塩尻方面を見ると
(*・0・*) ワオ!!、、、市街地の先に北アルプスの山々が

左から、穂高連峰、ちょこっと槍の穂先、大滝、常念、横通岳、、
朝焼けに染まって、、、今日の晴天は約束された (`o´)ノウッシャァ
e0050472_11291989.jpg

朝食もコンビニで済まし、寸暇を惜しんで沢渡に走る
沢渡からタクシーに乗り換え、上高地のバスターミナルに向う


タクシーの運転手お勧めの撮影スポット
薄暗い大正池の向うに、穂高連峰が朝日に輝いている
さざ波が無ければ、大正池が鏡になるそうだ、、、o("へ")o クーッ!
e0050472_11285946.jpg

帝国ホテルと背後の穂高連峰、、、絵葉書のようだ
此処も運転手のお勧めの撮影スポット、、、
位置が少し違うだけだが、為る程、、、景色が変わります
e0050472_11292796.jpg

バスターミナルに9時頃到着、、、、
未だ谷底は薄闇だが、周囲の山々は朝日に輝いている
w(°o°)w おおっ!!、、、河童橋と穂高連峰
e0050472_1129958.jpg

河童橋から梓川下流と焼岳、、、山頂に時折白い噴煙
e0050472_11291446.jpg

小梨平辺りの紅葉、黄葉、、、朝日が射すと燃え上がる
e0050472_11292733.jpg

明神岳、明神橋と嫁と連れのコラボ、、、快晴ですな (^_^)v
e0050472_11364256.jpg

明神池と借景の六百山
e0050472_11363422.jpg

赤が見事な紅葉とその後ろに透ける六百山
紅葉が少ないだけに、光が当たると一層鮮やかに、、
e0050472_11365071.jpg

梓川川岸と六百山
夕方だったら、この唐松が黄金色に輝くのだが、、、ちと時間が早かった
e0050472_11372055.jpg

田代池と霞沢岳
∑o(*'o'*)o ウオオォォォォ!!、、、、、、
e0050472_11375934.jpg

大正池から穂高連峰
左から、独標、ピラミッド・ピーク、西穂高、間ノ岳、天狗ノ頭、奥穂高、、
何時かは、、、、、(^¬^)ジュル...
e0050472_113752100.jpg


15時ジャストに大正池ホテルに到着すると、予約のタクシーが待っていた
運転手から、朝の予約は正解、昼からだと、希望時間に配車出来なかった
との事、、、、( ̄ー ̄)ゞ フフッ だから言うたやろ

この後、息子夫婦を松本駅へ送りと届けて、一路自宅へ、、、
ふぅ~!!、、、、此れが長かった (´。`) ツカレタ・・


帰宅してから判ったが、、、、
なんでも、今年の紅葉は近年でも有数な当たり年
その上、この日が、今シーズン最高の紅葉だったようだ
d=(^o^)=b イエイ

しかし、初めて行って、此れに出会うとは、、運の良い奴らだ!!


より詳しい内容は こちらのHP で



by loco156 | 2012-10-22 11:26 | H24.10 北横岳&上高地
2012/10/13 爺友と行く 初秋の蓼科山
白鳥が舞い降りる
蓼  科  山
(2,530m)

e0050472_17421414.jpg

爺友S氏と蓼科山に行って来た

言わずと知れた100名山の一つだが
気合いを入れて登る程でもない感じがする
しかも、自宅から高速を使って約4時間もかかる
周囲には、名だたる名山が目白押し

な訳で、此れを目的にはし辛いものがあった

だが、70超と65超の爺さま達の日帰りには丁度良い感じ
金曜日、仕事を終え一旦帰宅、21時過ぎにS氏邸向った

朝目が覚めると、窓から日差しが差し込んでいる
こりゃ絶好の山日和かもしれない (o^-^o) ウヒッ

山は早立ちがのセオリーだが、、、、
登山口迄1時間程の距離だし、登り2時間程度だし、、、
マッタ~リとS氏夫人の心づくしの朝食を頂く

8時半過ぎに、それじゃ出かけますか、、、、、

今回は、大河原峠から登り、蓼科山山頂へ、
降りは、天祥寺原から亀甲池を巡って大河原峠の予定だが、、、
まっ 体調次第と言う事で、ノンビリ行こうぜ御同輩 (^ー^)v
e0050472_17425365.gif


続きはこちらへ <(_ _)>ペコ
by loco156 | 2012-10-17 21:38 | H24.10 蓼科山
2012/10/7 静寂の森を行く、、台高北部 笹ヶ峰
癒しの森が広がる 笹ヶ峰  (1,367m)
e0050472_2159595.jpg

1ヶ月前に、木屋谷から明神・奥桧塚を周回したが
その時、不覚にも手袋の片っ方を落としてしまった

仕方が無いと諦め、新たに手袋を買ったものの、、
同じ物を手に入れると、急に探しに行く気に為った、、、何で?

ただ、前回と同じコースでは面白くない
されば、木梶林道からと考えたが、、、
10月下旬迄、工事中の為通行止めとのネット情報だ
そうなると、残るは大又林道からのアプローチだ

何故か、このルートをあまり使っていない
前回来たのは、2009年1月、、、2年半程前、、、
スノーシューでヒキウス狙いが、明神平で挫折した経過があった
又、昨年来の大雨で大きく崩壊している林道、、、
何も好き好んで行ってもなぁ~、、だったが、
この際、どんな状態か見て置くのも悪くはないか

明神平から先だが、目的の手袋探しだけでは勿体ない、、( ̄ヘ ̄)ウーン

この界隈を歩くと、明神岳の先、奥桧塚分岐で、自然と体が左折する
先に行って見たい気も有ったが、バリヤーが有る様に反応
何となく踏みこんで行けなかった、、、、、が!
この際、思い切って足を延ばしてみるか (`o´)ノウッシャァ

癒しの森、静謐の森が待っている、、、らしい o(*^^*)oわくわく

e0050472_013285.gif


続きは此方です>>
by loco156 | 2012-10-09 21:29 | H24.10 台高 笹ヶ峰
| Top-page |