人気ブログランキング |

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
タグ
(55)
(28)
(22)
(22)
(16)
(16)
(15)
(13)
(10)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
more...
検索
お友達の輪
最新のトラックバック
奥尻島で突風
from 奥尻島で突風、2棟全壊
花言葉事典メルマガ:第2..
from 花言葉事典
コダックのデジカメ
from 僕の欲しい本 欲しいもの
【福寿草】
from イチゴ☆イチエ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:両白山系 ( 2 ) タグの人気記事
2011/09/25 初秋の香り 福井の名峰 荒島岳
荒島岳(別名大野富士) 1523m
e0050472_104871.jpg
9月の23日~25日の3連休、久し振りにメジャーな山をと、常念岳を狙っていたが、この所の台風による大雨もあって、オデーカンさまの許しを得られず頓挫。急遽、狙いを変更して、余り台風の影響が聞かれない福井県は荒島岳とした。
この所ご無沙汰している日本百名山の一つだ。

前日は、登山口近くで一泊する事にしたが、勝原には唯一軒民宿「林湊」が在るだけ。
荒島岳登山でネット検索すると必ず出てくる宿で、3連休中、しかも直前の申込。
部屋がが取れるとは思わなかったが、駄目元で電話を入れると、希望の23日は満室だが24日はOKとの事。こりゃ 幸先が良いぜぃ (V^-°)イエイ!。

前日の23日、24日は、一乗谷と大野市を観光し、24日夕方に民宿「林湊」へ向う。
途中、間違って行過ぎたものの無事見覚えのある建物を発見、迎えてくれたのは、これ又 見覚えのある女将さんだった(ネットでね)。
なんとも素朴な雰囲気で、独特の訛りも良い感じ (^○^)。

予約の電話を入れた時、名前だけで住所も電話番号も聞かれず、「来られないなら当日10時迄に連絡を入れてくれたら助かる。買い物の予定があるで」との事、何とも商売気が無い感じを受けたが、帰るまでこの感じは裏切られず、こんなので商売になるとは思えなかった。

夕食は、鮎の塩焼き、ブリの刺身、猪の燻製?、金目の煮付け、野菜の炊き合せ等全8品、味噌汁とご飯はお代わりOK!、、盛りだくさんで今の私には多すぎた。

設備は、それなりだが、2人で2食付+昼のお弁当+酒1本300円!で11、300円。
その上、帰りにはシャワーを使っても良いよ。家に誰も居らんかったら勝手に入ってくれだって、ヽ(。_゜)ノ へっ?、、人情味溢れ過ぎ!。えらい宿があったもんだ、、、何とも恐れ入りました _(_^_)_。

さて、荒島岳だが、事前情報で、登り3時間10分、降り2時間が標準時間とあったので、我々なら其れよりも1時間遅れ。休憩を入れて7時間程度で行けると踏んでいたが、、、、、甘かった (´ヘ`;)ハァ。

結局、行動時間8時間強と更に1時間のオーバー、帰宅の途に着いたのは4時半となってしまった。
ア~ァ! 明日の仕事に差し障りがありそう (;´д` ) トホホ。
e0050472_1741770.gif


続きは此方っす -> -> -> ->  
by loco156 | 2011-09-26 22:54 | H23.09 初秋の香り 荒島岳
05/07/23~25 花の山 白山
日本七大霊峰挑戦 第5弾

7月24日~25日 花の山「白山」に行きました。

当初、7月22日に出張先から白山登山の基地である白山温泉へ直行し、22日は温泉泊、23日は室堂泊、24日は南竜山荘泊と、御前峰・別山周遊の欲張った計画を立てていたが、出張先が伊豆だったので時間がかかることもあり計画を変更、23日に白山温泉に1泊し、翌24日に一ノ瀬――別当出合から砂防新道を登り室堂で1泊、翌25日にご来光を迎えてから観光新道を下山し、そのまま自宅へ帰る事になった。
天候は曇り後晴れ、山間部では雨の降る地域もあるとの心温まるご神託 ( ̄ロ ̄;)。フン!わしは晴れ男だい!!。

自宅を出発し北陸自動車道をひた走り、福井北ICで地道に降り白山温泉に向け山道に入ると小雨がパラッときた。ムゥ 予想が当たりそうだ(@_@;)。
宿の山和荘に着く頃にはかなりの曇り空。山はスッポリ雲の中。明日はどうなるの?。って考えても仕方が無いので、今日は早めに就寝しました。
e0050472_15413025.gif
翌24日、天気はどうかなぁ~?。… 曇り!! … _(_^_)_ガク。
気を取り直し、朝食を摂り、用意して貰った昼食用のお弁当を持って、いざ出発。
一ノ瀬へ車を置いてバスに乗り別当出合に到着。天候は曇り。まぁ 暑くなくて良いよと言い聞かし、登山開始。道も多少濡れておりゆっくりと登る。
別当出合いで出会った中年の女の人(単独行!)はさっさと先に登られたようだ(最後まで会わなかった←これって わしらが遅いの?。)。

中飯場、甚之助小屋で小休止し南竜が馬場への分岐を左に登り切ると黒ボコ岩に到着(実は、花に見取れて道成に歩いていたら、先に南竜小屋が見え来て慌てて引返す)。此処までは、雨は無かったもののガスで展望はなかった。その分、彼方此方に咲いている花々の多さに感激。まさに花の山の名に恥じない見事なもので写真撮りまくり。

此処で昼食を摂る事にしたが、ガスは相変わらずだし、風も少しあって停まっていると寒いので、食べ終わったら直ぐに登り始めた。
岩と岩の間を通り抜けると急に目の前が開け、目前に山塊がドォンー 弥陀が原到着!!。
ふと気が付くと、周りの展望が開けており、雪渓や御前峰、室堂への五葉坂がくっきりと見える。
やったー \(^o^)/。晴れてきた!!。どうだ晴れ男の威力は ふふふ( ̄― ̄)ニヤリ。

いっとき展望を楽しんだ後室堂に向かってGO!!。明らかに足取りが軽い。そうこうしているうちに室堂センターに到着。荷物を置き、宿泊手続きをしてから、天気の良い内に御前峰からお池巡りを行おうと空身で出かけました(意外と疲れは感じなかった)。

山頂からの素晴らしい展望を楽しみ、残雪の残る池を巡って4時過ぎにセンターに帰る。夕食後には、夕焼けを楽しみ(雲海に覗く別山が赤く染まって綺麗でした)早々に就寝。小屋は例によって二人で一畳程度、小屋ではではやはり鼾が凄く寝られなかった(妻曰く、耳栓持って行ったもんね (^o^)…山小屋には必需品だわさ。だって 癪に障る フン(--〆))。

登り口の吊り橋          中飯場
e0041518_22211133.jpge0041518_22212686.jpg
樹林地帯               甚之助避難小屋e0041518_22221297.jpge0041518_22222890.jpg
南竜山荘への分岐         黒ボコ岩e0041518_22224780.jpge0041518_2223462.jpg
弥陀ヶ原                室堂
  雪渓と御前ヶ峰e0041518_2223209.jpge0041518_22233366.jpg

(2,702m) ふぅー  疲れた!。
e0041518_9203128.jpg

大汝峰と紺屋ヶ池           剣ヶ峰(左)と御前峰(右)
e0041518_1023376.jpge0041518_10235831.jpg
夕焼けに染まる別山
e0041518_10242297.jpg


25日は朝3時過ぎから起き出して表に出ると、星空が広がり快晴の兆し。神社の太鼓が鳴ったので、急いで御前峰に向かうと沢山の人も向かっている。山頂で場所を確保しご来光を待っていると、白山神社の神主さんが岩の上に立って、白山縁起などを語ってくれる。話を聞きながら今か今かとまっていると、空が赤く染まりだし、来た~!!、ウォー!!の歓声。
日の出直前にご来光が見え「ご来光ショー」が始まった。この景色は何時見ても感動もの。
言葉無し … … (^。^)y-.。o○。

お日さんが出終わるのを見届けて、奥宮にお参りをしてから下山。朝食を済ませ、さぁ 「下ろうか」の声に押されて、御前峰に別れを告げる。

ご来光
e0041518_10243594.jpg

岩に立つ神主       白山神社奥宮参拝e0041518_1038591.jpge0041518_10371381.jpg

帰りは、黒ボコ岩までは昨日と同じコースを行き、その先は観光新道を下る。このコースは急坂の連続で崖ッ淵の所もあり、登りに使うにはかなり厳しいように感じたが、何人かの登ってくる人に出会あった(下のほうで出会ったひとには、無理とちゃうんか思われる人も)。
写真を撮り撮り降りましたが、何時もの事ながら下るのは早く感じる。別当出合に到着したときは、もう終わり?? という感じ(花の写真を撮らないかんし、景色は見ないかんし、まことに忙しかつた)。

取り合えず無事に帰って来たし、天気は良かったし文句を言う筋合いはないが、別山に行けなかったことに未練が残っています。今回は天候が最初はあまり良く無かったが2日目は快晴で抜群の展望が見られ、気温も登っている時は曇りであまり暑く無く、下るときは丁度良い温度でしたが、降りてくると暑かった(まるで夏日)。これが逆の天候であれば、もっと疲れて山の印象も良くなかったのではないかと思っています。ともあれ、今回の白山登山はラッキーで大成功だった。さぁ、「今度は別山だぜぃ!!」。

右の尾根が観光新道
e0041518_10385126.jpg


白山のシンボル?。 ハクサンコザクラ
e0050472_1532447.jpg

アルバムへGO>>>
by loco156 | 2005-07-30 17:49 | H17 白山
| Top-page |