人気ブログランキング |

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
タグ
(55)
(28)
(22)
(22)
(16)
(16)
(15)
(13)
(10)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
more...
検索
お友達の輪
最新のトラックバック
奥尻島で突風
from 奥尻島で突風、2棟全壊
花言葉事典メルマガ:第2..
from 花言葉事典
コダックのデジカメ
from 僕の欲しい本 欲しいもの
【福寿草】
from イチゴ☆イチエ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:比良山系 ( 3 ) タグの人気記事
2010/02/21 絶好のスノーシュー日和 IN 赤坂山が!
赤坂山(標高823メートル)。第一ピークで敗退 (;´д` ) トホホ。
e0050472_22195381.jpg
今週末は、週末は晴間が広がり日差しが心地よい陽気になるとの予報が出た。
2月は、最初の週末に蓼科で、快晴のプチスキー&スノーシューを楽しんだが、本格的にスノーシューで歩いて居ない。
連れに至っては1ヶ月以上触ってもいない状態で、此の侭では、今シーズンのスノーシュー遊びはお茶を濁す程度で終わりそうな予感があった。
折角の好天候が見込めるとあっては行かずば為るまい。連れを説き伏せての出陣となった。

当日、朝7時半頃に家を出る。
竜王ICから木之本IC迄高速を通り、その後R161でマキノ高原に行くが、途中でコンビニ、SA、道の駅に立ち寄った為、到着が10時を超えてしまった。大体、行きしなに駅の道は無いだろうが (ーー;)。

R161から高原への道に入った途端、わらわらとおじさんが現れたなと思ったら、道の横の小屋からおばさんが顔を出して、「いらっしゃ、駐車料金は1000円です」。
ヘッ!! 料金要るの??。しかも1000円!!、(」゜ロ゜)」 ナント。
仕方なく料金を払って中に入ると、入ったところで案内のおにーさんがオイデオイデしている。
「わしゃ もう少し先に行きたいんですがの」と思ったが、否応無く駐車場所迄誘導された。

仕方なく、車を止めるが、周囲では子供づれがスキーの用意で大童である。
準備をしながら見回すと、スノーシューやワカンを持ったおじさん・おばさんがチラホラ。
w(°o°)w おおっ!! 集まっとる、集まっとる。さすが名うてのフィールドだ
e0050472_16542784.gif
[今回の軌跡]
マキノスキー場から赤坂山のはずがP620で敗退。e0050472_22314237.jpge0050472_010249.jpg
駐車場は満車状態。天気は上々。気分はウキウキ (^▽^喜)。
e0050472_22202559.jpg
家族連れで賑っているゲレンデを登山口へ直登する。
後ろを振り返ると、かなり後ろで連れがグタラグタラと歩いてくる。
ウン?? (;¬_¬) 。 
登山口は一部雪が解けていて地面が出ているが、アイゼン・スノーシューを付けるほどでも無い。e0050472_21332857.jpge0050472_22205140.jpg
登山口から暫く雪道を行くが、所々階段が出ている。
連れの様子を見てみると、一向に調子が上がらない様子。
仕方が無いので、途中でスノーシューを引き受けるが様子は変わらない。

当初の企てでは赤坂山から寒風峠へ稜線を辿り、其処からスキー場へ降りる算段だったが、このままじゃ頂上も無理っぽい。さて どうしたものか? (ー_ー)!!。
e0050472_22221897.jpg
標準時間で一時間程度の所を二時間程度かかって東屋に到着。
既に12時を越えていたので此処で食事休憩とした。
東屋の中は人で一杯なので、風が来ない所で座り込むが、座った間も無く連れはお眠りモードに突入。
仕方なく、食事の準備(お湯を沸かすだけですがね)。カップ麺が出来上がる頃になると、連れがムクっと起き出して「よー寝たわ。少しスッキリした」とのたまう ヽ(。_゜)ノ へっ?。
[左:東屋に集う人達、右:東屋の裏にあるカマクラ]e0050472_1594250.jpge0050472_2223472.jpg
食事を終えたが、春の陽気に気分が緩んでしまい、モチは下がりっぱなし。もー! 帰ろかしらん。と思っては見たが、此処まで担ぎ上げたスノーシューの立場はどうなる!!。
で、マッタ~リしている連れの尻をたたいて先に進むことにした。

尾根筋の小さなアップダウンから谷筋の斜面に付けられた道に入ると、前方に堤防が見え、人が集まっていた。
見ていると、下ってきたグループが、堤防から下る所で停滞している。
堤防からの降り口が急になっているのと踏み後が細くなっている為で、グループが通過するのを待ってから、慎重に通過する。

堤防を通過し、急斜面をジグザグに登ってゆくと鞍部に出る。
e0050472_22243489.jpg
右側は、今登ってきた急斜面のピークらしく、視界が開けて居そうな気配。
数歩登ってみると、中々の展望が開けていた。

赤坂山へは鞍部を直進するようだが、時間も既に2時近くになっている。此の調子では山頂到着が3時を過ぎそうなので、今日の所は此処までとした。

「今日は此処まで」と、連れに告げると、返事の割に顔が「よっしゃ!! (V^-°)イエイ!」。 チェ!! (ーー;)。
左に伊吹山、右に琵琶湖、眼下にはマキノの集落が広がる。
e0050472_22261259.jpg

赤坂山の稜線。 ウゥー!! 近くて遠い…(ノ_<。)うっうっ。
e0050472_22263460.jpg
展望を楽しんでいると、数人のグループが降って来た。
見ていると、ピークの先にある急斜面を降りに掛かる。
どうも、ショートカットしている様なので、我々も続いて行くことにした。

降り口に行くと、傾斜はかなりあるがワカンの後や滑った後がかなり下まで続いている。
こりゃ 時間が短縮できる!!。ってんで スノーシューで踏み出すがかなり沈み込んで次の一歩が踏み出せない。
此処はシリセードだっ!。で 此れが快調、ズズー、ドスン、ズズー、ドスンを繰り返し、アット言う間にジグザグ道をクリア。
オデーカン様も、満面の笑みでご満悦のご様子。先程間での青菜に塩状態は何処?? ヤレヤレ<(´ロ`')o 。e0050472_2228277.jpge0050472_22285196.jpg
シリセードの後は、勝って知った道に沿って右に左にゾーリゾーリと辿り、ゲレンデに到着したのは、15時過ぎ。
まっ こんなもんか。絶好のスノーシュー日和なのに山頂未登は残念だが、明日がある~さ♪。って 在るのか?。e0050472_22301042.jpge0050472_22305776.jpg
行きとは大違いのオデーカン様。
「修行が足らんわ!」…何て、言え無い所が何だかなぁ~(ーー;)。
e0050472_22312140.jpg
一汗掻けば、温泉が決まりだ。ここはスキー場に温泉が隣接しているので入らないわけには行かないだろう。
気になる料金は、入浴料600円、バーデゾーン利用料800円、全設備利用料1200円。バーデゾーンて??。
そうそう、シルバー割引は無し。チェ!! (ーー;)。
e0050472_0123223.jpg

by loco156 | 2010-02-22 22:31 | H22 赤坂山 敗退
2009/2/22 蓬莱山~小女郎ケ池 プチ・スノーハイク
Oh-! No-! 頭のネジが外れたか? L(・o・)」 オーマイガ!。

この所、スノーシュ狙いで出陣するも、ことごとく敗退だ。
今シーズン背中の重しと成り下がったスノーシュー、何とか為らんものかと思案にくれていた。
近場でスノーシュー・フィールドと言えば、赤坂山か朽木の蛇谷ケ峰か、はたまた函館山か、再度明神へ行くか…。

しかし今週は、週初めに連れが風邪を引いて病み上がり、さてどうしたものか?と思案橋。その時ふと びわ湖バレーを思い出した。
昔、手軽なスキー場として何回か行ったことがあった。その後は人出が多かった事もあつてご無沙汰していたが、最近のスキー人口の減少で、きっと そんなに混んでいないだろうとの読みだ。

山頂までゴンドラで一気に上がって、蓬莱山からの稜線はアップダウンもたいしたことが無い。スキー場だけにきっと雪も一杯あるだろう。体にも優しいコースである。

連れに、ゴンドラで山頂へ、超お手軽スノーシューハイクで標高差200m程の稜線歩き、展望絶景とお誘いする。珍しく快諾???。何かあるん?。
e0050472_1615930.gif
≪以下、小画像はクリックで拡大≫
e0050472_16134931.jpg[本日の軌跡]
打見ゴンドラ駅から蓬莱山山頂経由小女郎ケ池のピストン。
予定は権現山まで行くはずだったが、又しても時間切れムゥー!。
何とかせねば( ̄-  ̄ ) ンー 。

家を7時半頃に出発。地道をゴソゴソと栗東へ抜け、びわ湖大橋を渡るが予想以上に時間がかかって結局びわ湖バレー駐車場入口に着いたのは10時を過ぎていた。
駐車場ゲートに目をやると、「ゴンドラ待ち1時間半」の表示が目に飛び込んだ。
w(°o°)w おおっ!! 1時間半!!。「どうする アイフル?」だ。
他に回るにもスノーシューの出来そうな所は朽木か赤坂山か。どちらにしても小1時間は掛かってしまう。
此処は、「日頃の行いが悪かったか」、「此れも運命」と受け止め、ゲートを潜る。アァ~! 夏目さんがヒラヒラ~(高っけ~ (>_<))。ウン? 何か言った?。
暫く進入道を上がると、係員がオイデオイデしている。
結局、駐車できたのは最下層の駐車場で、此処からは送迎バスでロープウエー乗り場まで行くらしい。

ロープウエーに到着すると、乗り場を人の列が取り巻いている。
まるで安珍清姫の鐘状態、ヒェー!!である。びわ湖バレー侮ったり!┐(´∇`)┌。

最近こんなにスキーヤーとボーダーが集中しているのは見たことが無かった。やっぱ、都市部に近いと言うのが人気の秘密か?。
e0050472_1620513.jpge0050472_1622233.jpg
キッチリ1時間半の立ちん棒、ロープウェー3分少しで山頂に到着。既に11時半だ。
アァ~ ┐(´∇`)┌。モォ~好きにして。
帰りのロープウェーの混み具合も気に為るので、当初の権現山ピストンが、小女郎ケ池までのピストンに変更。何でこうなるの?。トホホである。

人に溢れかえる打見ゲレンデをトボトボと下ってゆくが、何とも場違いである。
打見山と蓬莱山の鞍部でスノーシューを装着し、ホーライゲレンデの横を歩き出す。
ゲレンデとの境は網で隔てられているのでコントロールを失ったスキーヤー&ボーダーが突っ込んでくる危険は無い。
e0050472_1648285.jpg
雪はクラスト状だが絞まっており、つぼ足の踏み跡があったが余り沈んではいない。
そこをあえてスノーシューである。物好きと言われ様が此れは譲れない。<(`^´)>。
って こだわるような事ではないが、折角持ってきたんだし。

e0050472_16501151.jpgゲレンデも上部になってきて、そろそろ山頂かと思われる頃、支尾根が張り出してくる。
差し掛かると、結構本格的な山装備をした人たちが沢山休憩していた。
何だろなぁ~?と思いつつ集団を抜けると、前方に山頂が、左に権現山への稜線が目に入った。
e0050472_16505760.jpgふと振り返ると、山頂手前で、こけてるオデーカン様…ったく。
穴を掘っているわけでは無い…と思う。
蓬莱山山頂。雪 薄っ~!。
e0050472_16585867.jpg
蓬莱山の山頂に近いほど積雪が薄いらしく、山頂は一部地面が露出している。
権現山方面の降りも、笹の葉が雪面より顔を出していて、思ったより積雪は無いが、笹の葉を無視してドカドカと下ってゆく。ウフフ ヽ(*^。^*)ノ ワ~イ。e0050472_1712368.jpge0050472_1715222.jpg
途中から灌木の間を行くが、此処はノー・トレースの雪原をドタドタ。此れがスノーシューの醍醐味か! (V^-°)イエイ!。
灌木帯を抜けて、稜線を辿るが、踏み跡は、かなり急斜面&崖の縁についている。雪庇状のところもあって、視界が閉ざされればかなり危険な所もあるが、眼下には琵琶湖が広がり中々の展望である。e0050472_174735.jpge0050472_17447100.jpg
小さなアップダウンを2っ程こなすと小女郎峠が見えてくる。
峠への降りは、雪が融けていて一部地面が露出している。此れをかまわずガシガシと下ると鞍部に小女郎峠の標識が立っている。e0050472_176421.jpge0050472_1762781.jpg
小女郎ケ池は此れを左に取り、少し行くとあった。
但し、案内板があるから判るだけで、無ければ単なる雪原で通過してしまうだろう。
e0050472_178452.jpg

e0050472_17193350.jpg池は凍結しているが、人が横断した踏み跡や、周囲を歩いた踏み跡はある。
踏み跡の無い雪原はなんとなく歩いてみたくなる。子供である。
流石に中心部には足が進まない。何となく不安で、もしも氷が割れたらと想像すると○○が縮み上がる。それでも怖いもの見たさか、意味も無く歩き回る。これって何だろう?。
結局、10分程ウロウロした挙句、引き返す事にした。


帰りは来た時のトレースを淡々と辿って行くが、蓬莱山頂手前の1段目の登りに差し掛かると、ヘリが飛んできてホバリングしだした。
其れを見ながら尚も登ってゆくと、登山道に一人の男性に通せん坊された。
近くの木に「レスキューポイント」と表示があったので、事故か?、と思ったが、緊迫感が感じられない。
どうもレスキューの訓練のようだ。
ヘリが去って行ったので、登ってゆくと、蓬莱山山頂直下の斜面を大勢の人達がトラバースしてゆく。
雪山の安全の為、こうして日々訓練を繰り返しているのだろう。
感謝! m(._.)m
e0050472_18404289.jpg e0050472_1841873.jpg
途中では、連れが又もやドテッ! だ。
何やらもがいているかと思ったら手を上げたり下げたり。まるで巫女である。
その後、立ち上がったと思ったら右にヨロヨロ、左にヨロヨロ。
とうとう頭にきたか?と心配したが、後で聞くと、手を上げたり下げたりは雪をほおり投げて「チュンさん」、ヨロヨロは只ジグザグに歩いてみただけだと。 あほくさ ┐(´∇`)┌。
e0050472_10155155.jpge0050472_10395360.jpge0050472_10172267.jpg
ゲレンデを避けて、来た道を下り、ロープウエー山頂駅に15時に到着。スキー&ボーダーの下りラッシュに巻き込まれないようサッサと下る事にした。
e0050472_10314075.jpg何故か跳んでるオデーカン様。
訳判らん? ヽ(。_゜)ノ へっ?。

今回はチョコット楽しめたか、スノーシュー。でもなぁ~ (--〆)。

by loco156 | 2009-02-23 22:13 | H21 琵琶湖蓬莱山
05/05/21 五月晴れの武奈ヶ岳
五月晴れ(どちらかと言うと初夏)に誘われて、渓谷から草原、急坂と変化に富んだ比良山系の最高峰 武奈ヶ岳に登って着ました。
一緒に登る予定の会社の人とガリバー旅行村で待ちあうはずだったが、例によって時間の見通しが甘く、約束よりも1時間以上遅れたので、携帯でその旨を伝え、先に登って貰う事に。結果的に、最後まで時間は縮まらず一度も会う事がありませんでした(失礼しました_(_^_)_)。
天候は晴れ!!。谷筋を上っている間は日陰でもあり、あまり感じませんでしたが、スキー場へ出てからは暑かった。山頂へ到着すると360度の展望が開け、伊吹、比叡、琵琶湖、等々 見事なパノラマを見る事が出来ました。

[今回のルート]
ガリバー旅行村から八淵の滝に辿って谷筋を登ってゆき、比良山スキー場に出ると正面に武奈ヶ岳の雄大な姿が、その後、スキー場を横切り登山道へ(私達は入口を間違え、スキー場の第二リフトの降り口付近から登山道に入る)。暫く林の中を登ってゆくと尾根に到着、右側に武奈ヶ岳のピークが見えます。
e0041518_18431477.jpg
いざ出発e0041518_15271479.jpge0041518_15283536.jpg
こんな所が数箇所続く谷筋(八淵の滝と言って、幾つもの滝を見ながら、岩を超えたり、河を渡ったり、梯子を登ったりと変化に満ちています)e0041518_15344281.jpge0041518_15364039.jpge0041518_15322986.jpg
所々に [イワカガミ]e0041518_15381353.jpge0041518_15393993.jpg
閉鎖された比良スキー場から見た武奈ヶ岳
e0041518_15405438.jpg

木々の間を行く          尾根道にでると草原の道e0041518_22414471.jpge0041518_1541355.jpg
山頂(1214.4m)            山頂にあるお地蔵さん群
e0041518_15432238.jpge0041518_2243870.jpg
小さな写真では現せないが、この壮大さ、爽快感は只モノではありません。この雄大な大空間。 \(^o^)/ \(^o^)/
e0041518_19272893.jpg

帰り道に出会った巨木        この岩の文字は八淵と
(団扇みたい)             彫ってあるのだそうです
                      (象形文字みたい)
e0041518_19291818.jpge0041518_19294220.jpg

by loco156 | 2005-05-21 21:59 | H17 武奈ヶ岳
| Top-page |